月別: 2018年9月 Page 1 of 2

ホテルウズベキスタンをバックにティムール像

ウズベキスタン旅行記1~2日目:首都タシケントどたばた移動編

ウズベキスタンから帰国しました! めいげつです。

近いようで遠い中央アジア。シルクロードの要衝、サマルカンドを擁するウズベキスタン。ユーラシアの東の日本とも、西側のヨーロッパとも異なる異国の地。なんとロマンをそそることでしょう。今回、そんなウズベキスタンを旅してきました。

これから5回に渡って、ウズベキスタン旅行記+ソウルでの乗り継ぎ観光記をお送りします。

続きを読む

オーロラ(revontulet)の写真

Kalevala Guide: 『カレワラ』を知るならこの本

北欧フィンランドには、『カレワラ』という固有の民族的叙事詩があります。

『カレワラ』はフィンランドの生活に根付いており、宝石店や砕氷船などあらゆるもののネーミングにも使われています。

その『カレワラ』を知るためにはぴったりの本がフィンランドにありました。イルマ=リーッタ・ヤルヴィネン(Irma-Riitta Järvinen)著、『カレワラ・ガイド(Kalevala Guide)です。ちなみに英語の本です。

続きを読む

両手でパズルを合わせている画像

〇〇利きとは違う第4のカテゴリ、クロスドミナンス【両利きではない】

こんにちは。めいげつです。

世の中は基本的に、多数派である右利き用にできています。それゆえ左利きの人は日常生活で色々と不便を感じることが多いです。

ハサミ(びっくりするほど切れない)とかレードルなどの道具は右利き用に作られていることが多いし、レストランでは箸の持ち手が右側になるよう置いてあります。誰かと一緒に食事するときは、右利きの人と肘がぶつからないよう左側の角の席をとる、等々……

ですが世の中には右利き左利きのカテゴリーにすっきり収まらない人がいます。

それが「クロスドミナンス」と呼ばれる人たち。クロスドミナンスとはどういう人なのか、何が原因でクロスドミナンスになるのか。そしてどういう生活を送っているのか。実際にクロスドミナンスである筆者が調べ、考えてみました。

続きを読む

フィンランド語は難しい言語か否か?

こんにちは。めいげつです。

北欧フィンランドで話されている言語、フィンランド語。みなさんはこのフィンランド語という言語についてどれくらいご存知でしょうか。

英語やフランス語などに比べればたいへんにマイナーな言語なので恐らく、そんな言語聞いたことない、という人がほとんどかもしれません。

でも中にはフィンランド語で「こんにちは」は「モイ」ということや、サウナがフィンランド語だということは知っているかもしれません。北欧雑貨に興味ある人は「スオミ」とか「ウニッコ」くらいの単語なら知っているのかな。

僕は今からちょうど3年前、大学1年生の夏にフィンランド語の勉強を始めました。理由はいたってシンプルで、面白そうだったから。それで大学の制度を利用してフィンランドへ交換留学までしました。

続きを読む

「平和でありますように」と「平和であるように」

こんにちは。神様を信じてはいないけどいてもいいんじゃないかと思っている準無神論者の明月です。

僕はitalkiという外国語学習者用プラットフォームで知り合ったフランス人の男性とフランス語と日本語のランゲージエクスチェンジをスカイプ上でやっていたのですが、その人が日本に旅行で来ていたので、先日一日だけ会って東京散歩してきました。ラーメン屋に行ったり、バッティングセンターに行ったりとなかなか充実した一日でした。

渋谷でラーメンを食べた後は特に買い物とかもせず(野郎2人だし興味もなかったし)、原宿の明治神宮まで歩いていきました。本殿の近くにはたくさんの絵馬が奉納されていましたね(そういえば、あの絵馬を掛けるあれって何ていう名前なんでしょう……)。大勢の人が願いをかけた跡です。

今回は、「願い」に関する日本語について考えたことを書いてみました。

続きを読む

本を読む犬の画像

Reading dog「読書する犬」

好きな犬種はダックスフント。特にミニチュアの。

こんにちは。明月です。

犬が人間社会で果たす役割はとても大きいと思います。単にペットとしてだけではなく、盲導犬や介助犬として人を助けたり、麻薬を臭いで探知したりと色々なところ活躍しています。

そんな愛らしくて働き者なワンちゃんついて興味深いニュースを見つけました。フィンランド国営放送Yleの英語のニュースからです。

続きを読む

フィンランドの食品ロスと、学校給食について【簡単なフィンランド語のニュース】

こんにちは。明月です。

美味しいものを腹いっぱい食べたいと願うのは人類共通の願いではないでしょうか。

ですが世界には、満足に食べ物を食べられない人たちがたくさんいます。その一方で、先進国ではまだ食べられるはずの食品が大量に廃棄されています。

そんななか、2018年9月11日の「簡単なフィンランド語のニュース(Yle Uutiset Selkosuomeksi)」には食べ物がテーマのニュースが2つありました。タイトルにある食品ロスについてと、学校の給食についてです。

続きを読む

エストニア・タリン旧市街の城壁カフェDannebrog【中世の城壁でコーヒー】

こんにちは。めいげつです。

非常に保存状態の良い中世の街並みが楽しめるエストニアの首都・タリン。そこには、中世都市ならではの、絶対に行っておきたいカフェがあります。

その名もDannebrog(ダンネブログ)。なんとこのカフェ、タリン旧市街を囲む城壁の中にあるカフェなんです!

中世の時代に町を守る兵士たちが歩き回っていたであろう城壁の回廊でのんびりコーヒーとお菓子を楽しむことのできる、とても珍しいカフェです。写真をあさってみたらたまたま写真がたくさんあったので、シェアしますね。

続きを読む

“Meidän pitää ottaa voileipiä mukaan ja mehua.” 冒険の準備をしよう

なんかブッ●ング●ットコムのキャッチコピーみたいな題名になってしまった。

こんにちは。複数の言語を同時に勉強してるのでよく言語が混ざってしまう明月です。

今回はフィンランド語の話をします。

ヘルシンキにいるときに何冊かフィンランド語の本を読んだのですが、そのうちの一冊が、『Muumipeikko ja Pyrstötähti』。これは日本でも有名なムーミンシリーズの3冊目『ムーミン谷の彗星』のフィンランド語版です。

その本の冒頭に出てくるのが次の一節。

続きを読む

【1杯300円~】川崎・登戸のの格安クラフトビールパブ「ムーンライト」

まだまだクラフトビール熱は冷めきっていないんではないでしょうか。明月です。こんにちは。

小さな醸造所がこだわりをもって作っているクラフトビール。どのクラフトビールも個性があってさらに美味しいのですが、いかんせん割高な場合が多いです。

ですが神奈川県の川崎市に、1杯300円からクラフトビールを楽しめるお店があります。

下手をすれば居酒屋よりも安く飲めるブルーパブの名は、「ムーンライト」。小田急線の駅から少しの場所にある、小さなマイクロブルワリー&ブルーパブです。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén