カテゴリー: フィンランド社会 Page 1 of 2

【北欧メタル】Nightwish(ナイトウィッシュ)のおすすめ曲9選

こんにちは。めいげつです。

フィンランドはメタルが盛んな地。人口に対するメタルバンドの比率が非常に高いことも知られています。その数あるフィンランドのメタルバンドの中で僕がお勧めしたいのが、Nightwish(ナイトウィッシュ)というバンドです。

僕はあまり「神曲」のようなチープな表現は好まないのですが、それでも「神曲」揃いだと思っています。Nightwishというバンドを最近知ったけどどれを聞いたらいいのか分からないという方は参考にしてくださいね。

続きを読む

改装工事中のヘルシンキ大聖堂

フィンランドの首都ヘルシンキってどんな町?

こんにちは。めいげつです。

北欧フィンランドの首都ヘルシンキ。昨年2018年にはこの町を舞台にした映画『雪の華』が公開されるなど、話題を集めた街です。

日本から一番近いヨーロッパを謳うヘルシンキはどんな町なのでしょう? ヘルシンキで留学生として10ヶ月あまりを過ごした僕がヘルシンキのようすを写真と共に紹介していきます。

続きを読む

凍り付いた柵の写真

フィンランド留学中、差別は一度も受けなかった【留学体験談】

こんにちは。めいげつです。

これから留学を控えている、という時に非常に気になる問題の一つが「現地での(人種)差別」。

全ての場所については語れませんが、治安が良く「親日国」と呼ばれるフィンランドに留学していた筆者が、フィンランドでの差別について語ります。

続きを読む

フィンランドでは本当に英語が通じるのか?

こんにちは。めいげつです。

近年日本でも人気の旅行先となった北欧の国フィンランド。

英語が公用語ではないフィンランドで英語は通じるのか? 英語しか話せないけど大丈夫かな、と心配になる方も多いかと思います。

しかしご安心を。結論から言うと、フィンランドでは英語が広く通じますし、短期滞在なら英語だけで生活できます。ここではフィンランドの英語事情について、旅行者&在住経験者としての経験からお話ししたいと思います。

続きを読む

スノーシューズトレッキングしている人の写真

厳選。すごくフィンランド感満載なフィンランド語の単語5つ

こんにちは。めいげつです。

日本から一番近いヨーロッパの国、フィンランド。人口500万人程度の小さな国ですが、不思議なみろくがたくさん詰まった国でもあります。

ここでは「フィンランドといえば・・・」を体現したフィンランド語の単語たちを紹介しています。サウナ、キートス、モイ、ウニッコだけじゃないフィンランド語の世界を少しのぞいてみましょう。

続きを読む

イヴァロ空港の入り口の写真

フィンランドの公用語事情!英語も含めたマルチリンガリズムの話

こんにちは。めいげつです。

近年人気の旅行先となってきた、日本から一番近いヨーロッパ・フィンランド。

しかしフィンランドは日本人にとってまだマイナーのようで、フィンランドの公用語に関しては知らない人が多いのが現状。

ここでは、旅行者には心配の種である英語の通用度を含めた、フィンランドのマルチリンガリズム(多言語併用)のお話をします。

続きを読む

EU、シェンゲン協定、ユーロ圏の違い。ヨーロッパ旅行するなら必須の知識

こんにちは。めいげつです。

ヨーロッパの国々では、ユーロという一つの通貨を共通して使っているとか、国境を越える時のパスポート審査がないとかよく聞きますよね。僕もヨーロッパに初めて降り立つまでは、そう思っていたものです。

こういった言説に深く関係しているのが、「EU」と「シェンゲン協定」、そして「ユーロ圏」といった概念。

僕はEUの加盟国と非加盟国、シェンゲン協定加盟国および非加盟国、ユーロ圏&非ユーロ圏の国々を旅行しました。こうした個人的体験も含め、「EU」「シェンゲン協定」「ユーロ圏」の違いを、旅行者への影響という観点でお話します。

続きを読む

フィンランド独立100周年記念の旗

スオミ?フィンランド?フィンランドの正式な国名

こんにちは。めいげつです。

日本ではフィンランドという名前がスタンダードで、日本語での正式な名称はフィンランド共和国

ただフィンランド関連の話題で、たまに「スオミ」という言葉を耳にする人もいると思います。この「スオミ」が、「フィンランド」を意味するとかしないとか。

では、「スオミ」とは一体なんなのでしょう? 「フィンランド」は現地語ではどう呼ばれているのでしょうか?

「スオミ」はフィンランドの正式名称

「スオミ」はフィンランドのフィンランド語での正式名称で、Suomiと書きます。最初の文字を小文字にしてsuomiと書くと「フィンランド語」という意味になります(発音は同じです)。

フィンランド語で「フィンランド共和国」はSuomen Tasavalta(スオメン・タサヴァルタ)。単語の最初の音節にアクセントをつけて発音しましょう。SuomiではなくSuomenになっているのはフィンランド語の特性ゆえですが、ここれは触れないでおきます。ちなみに「共和国」の部分は、tasa「等しい」とvalta「力」を合わせた合成語です。

形容詞はsuomalainen(スオマライネン)で、「フィンランド人」という意味になります。スオマライネンさんという苗字もありますね(ヘルシンキにある岩の教会「テンペリアウキオ教会」を造ったのはスオマライネン兄弟です)。

ではSuomiという言葉はどこから来たのでしょうか。無料のオンライン辞書である英語版ウィクショナリー(Wiktionary)の「Suomi」のページでは、3つの説があげられています。

まずはバルト・スラヴ祖語(現在のバルト語派とスラヴ語派の言語の祖先です)で「大地」を意味するźemēから来ている説。ロシア語のземля(ゼムリャ、「大地、地球」)と通じていますね。

2つ目は「人」を表すćomaという言葉から来ている説。この単語が何語かはわかりませんが、インド・ヨーロッパ祖語由来とのこと。

3つめの語源は「湿地」を意味するsuomaa(恐らくスオマー)から来ているとの説。現在のsuo「湿地、湖沼」という単語と同系統ということでしょう。個人的にはこれが一番良く聞く説です。

実際にフィンランドは平坦な土地が多く、「森と湖」と呼ばれるくらい国土が森に覆われ、湖がたくさんある国。森の面積はヨーロッパの国で最大で、湖の数は18万にのぼるといわれています。

ちなみにSuomiという言葉は、本来はトゥルク(Turku)を中心とした南西部の地域を表す言葉でした。これは後で紹介するFinlandと共通していますが、これらの言葉が現在のフィンランド全土を指すようになるのはもっと後の話。

トゥルク周辺の地域は、現在ではVarsinais-Suomi(ヴァルシナイス・スオミ)つまり「正統のフィンランド」と呼ばれます。

トゥルクの周辺地域のみがSuomiと呼ばれていた時代は、フィンランドはいくつかの文化圏に分かれていました。たとえばHäme(ハメ)、Karjala(カレリア)、Savo(サヴォ)、Lappi(ラップランド)といった地域名があり、現在の町の名前(ハメーンリンナ、サヴォンリンナ等)だったり、県の名前(南カルヤラ県、カンタ=ハメ県、ラッピ県等)になっていたりします。

ちなみにこれらの地域名は4つとも全て苗字にもなっています(Hämäläinen, Karjalainen, Savolainen Lappalainen)。

でも実は「フィンランド」も正式名称

では、「フィンランド」は正式な名前ではないのでしょうか?

いえいえ。実はフィンランド(Finland)も正式な名前なのです。Finlandは、スウェーデン語で「フィンランド」を意味するのですが、こちらも正式な国名となっています。ちなみに「フィンランド共和国」はRepubliken Finland(レプブリーケン・フィンランド)。

「???」と思うかも知れませんが、これはフィンランドはフィンランド語とスウェーデン語の両方が公用語だから。フィンランドは北欧唯一の公式なバイリンガル国家(公用語が2つあるという意味で)なのです。

なので、フィンランド語名だけが正式なのではなく、スウェーデン語名もしっかり正式名称なのです。

なぜスウェーデン語もフィンランドの公用語になっているかというと、現在のフィンランドは10世紀~19世紀始め頃までスウェーデンの一部で、スウェーデン語はフィンランドにすっかり定着していたから。そして、その後19世紀から100年余りのロシア帝国領時代を経て独立した後も、フィンランド語と共にスウェーデン語が新生国家フィンランド共和国の公用語として採用されたから。

現在でも、およそ5.4%のフィンランド国民がスウェーデン語を母語としていて、おもに南~南西部のバルト海沿岸地域とオーランド諸島に固まっています(スウェーデン語だけが公用語の地域も極少数ですがあるのです)。

ちなみにフィンランドの語源に関しては、ローマ帝国の歴史家タキトゥスの『ゲルマニア』に登場した「フェンニ」を語源とするのが定説のようですが、まあなにぶん2000年も前のことなので本当の事かは分からないようです。

先ほど「スオミ」の項目で「スオミ」がトゥルク周辺の地域のみを指していたと書きましたが、「フィンランド」も同様でした。フィンランドがスウェーデンの一部だった時代の最初の方は、スウェーデンはトゥルク周辺の沿岸地域しか支配していなかったんですね。その後スウェーデンの支配は現在のフィンランド全土(よりちょっと広いくらい)に広がっていきます。

なので「フィンランド」という言葉も「スオミ」と同様、トゥルク周辺という一部の地域から、フィンランド全土を指す言葉に変わっていったのですね。

ちなみに現在はトゥルク周辺の地域は、スウェーデン語でEgentliga Finland(エイェントリガ・フィンランド)といいます。Varsinais-Suomiと同じく「正統のフィンランド」という意味。

まとめ:フィンランドはバイリンガル国家

以上、今回はフィンランドの正式な国の名前についての話をしました。

北欧唯一のバイリンガル国家であるフィンランド。それゆえ正式名称も公用語である2ヶ国語(フィンランド語とスウェーデン語)のものが採用されています。

日本にも「日本国」と正式名称があり、英語では「Japan」というのが正式とされます。ただ日本では英語が公用語でないので、その辺りの事情がフィンランドとは違ってきますね。

フィンランドの国&自治体レベルの公用語事情についても、詳しく紐解いた記事があります。フィンランド語とスウェーデン語と公用語のフィンランドでも、バイリンガルではない地域があったり……などなど。ご興味があればぜひご覧ください。

Header Image by kostiolavi / Pixabay

バイリンガル国家フィンランドの難民政策は本当にバイリンガルか?

こんにちは。めいげつです。

近年ヨーロッパでは、中東での情勢悪化が原因でもの凄い人数の難民が押し寄せています。とりわけ北欧の中では、スウェーデンは難民受け入れに寛容的だったこと有名ですし、一方デンマークは非常に厳しいことでも知られています。

難民を受け入れるのは良いですが、肝心なのは彼らを受け入れた後のこと。現地社会に入っていけるように環境を整え、サポートをしなければいけません。

現地社会に溶け込むうえで重要なのが言語。言語を上手く使えるようになれば、社会統合への大きな一歩となります。難民受け入れに関してはスウェーデンやデンマークの陰に隠れがちなフィンランドですが、ここには両国にはない、フィンランド特有の奇妙な事態になっているようです。

続きを読む

トゥルク大聖堂の写真

5分で読める「フィンランド語」の歴史

どの言語にも歴史があります。

英語、中国語、フランス語などの大言語の歴史はかなり前から語られてきました。日本語も書き言葉の成立が早かったため、古い文献が非常によく残っている言語です。

ヨーロッパの言語の多くにも、昔から文字を使った書き言葉の歴史がありました。ただ現在のヨーロッパ先進国の国語ではあるものの、歴史的には書き言葉の成立が遅かった言語があります。そう、フィンランド語がその一つです。

さて、フィンランド語の歴史とはどのような姿をしているのでしょう。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén