カテゴリー: 日本語 Page 1 of 2

日本の写真

日本人はそろそろ母語と母国語を混同しない方がいいと思う

こんにちは。めいげつです。

日本は歴史的に単民族国家と言われますが、もうそうとも言い切れないほどの移民大国になりました。

今回は、こうして日本が多様化するにあたって僕が非常に気になっていることの一つ、「『母国語』を使いまくるのはやめた方がいいよ」という話です。「母語」と「母国語」の違いにも触れながら深めていきたいと思います。この2つはよく似た単語ですが全く違うものです。

続きを読む

日本語の看板

【難しさMAX】エクストリームな特徴を持った面白い言語いろいろ

こんにちは。めいげつです。

世の中には、何千もの「言語」があると言われます。かたや何億人もの人が日常的に使う大言語から、かたや話し手が数人程度しかいない絶滅寸前の消滅危機言語まで。

世界には色々な言語がありますが、その中でも非常にまれな特徴を持った言語たちをいくつか、ここで取り上げてみました。

続きを読む

日本語の数って、実はすごく複雑で難しいのです

こんにちは。めいげつです。

僕らは日本語を母語として使用する、いわば日本語のネイティブ。僕らネイティブは、日本語の文法なんかを態々理論的に勉強せずとも、無意識に日本語を使うことができます(まあ頻繁に間違いますが)。

ですが日本語ネイティブではない人にとって、日本語にはあらゆる難しい点があります。数詞がその一つです。

続きを読む

【難易度世界一?】日本語は語彙数が多いっていわれるのはなぜ?

「各語の90%以上を理解しようとする場合、フランス語なら約2000語、英語なら3000語、ドイツ語なら約5000語、日本語なら10000語が必要と言われている」と言われます。

こんにちは。めいげつです。

「日本語は語彙が多い」とよく聞きますね。日常会話の大半を理解するために必要な単語数が多いとか、そもそも語彙のサイズが大きいとか。

どうして日本語の語彙が多いと言われるのかの理由をいくつか挙げてみました。

続きを読む

改めて考えた、「普通」の意味と、「普段」との違い

こんにちは。めいげつです。

僕はフィンランドのヘルシンキで留学中、大学の日本語の授業でアシスタントをしていました。

それでとある日本語の授業中に、学生の一人から出たのが「普通と普段の違いってなに」という質問。色々考えてその質問にはちゃんと答えられたと思います。

そんなことをふと思い出したので、ここでは「普通」と「普段」の違いについて、ちょっと詳しめに掘り下げていこうと思います。

「普通」と「普段」という単語の違い、「いや当然違う単語だろ」と思うでしょうが、ちゃんと言語化できますでしょうか。

続きを読む

お寿司(カリフォルニアロール)の写真

英語になった日本語の単語たち。スシからこんな単語まで……?

こんにちは。めいげつです。

日本語には英語から入ってきた言葉がたくさんありますよね。なかにはもとの英語の意味からかけはなれた「カタカナ英語」が、英語学習の妨げになるとか何とかで批判されていたり。

ではその逆、日本語から英語に入った英語ってどれくらいあるのでしょう? 意外性のあるもの、僕が個人的に広まっていると感じた単語を中心に紹介します。

続きを読む

赤リンゴと青リンゴの写真

英語の発音学習に役立つ「ミニマルペア」とは?

こんにちは。めいげつです。

言語学には「ミニマルペア」という概念があります。言語の発音に関する概念なのですが、中々聞きなれない言葉。

英語を含めた外国語の発音を学ぶ上で、ミニマルペアは意識しておくと役に立つ概念です。ミニマルペアとは一体何なのでしょう。

続きを読む

北海道の写真

もはや親戚?フィンランド語と日本語の似ている点と似てない点

こんにちは。めいげつです。

地理的には非常に遠く離れた日本とフィンランド。

「日本語とフィンランド語には似ている部分がいくつかある」と聞いたら驚くでしょうか? フィンランド語を始めて3年になる僕でも驚いたこともあります。

ここでは発音から文法まで、日本語とフィンランド語の共通点と全く違う点を紹介します。

続きを読む

私たち日本語ネイティブが、非ネイティブと日本語で話す時の注意点3つ

こんにちは。めいげつです。

国際交流基金による2015年の報告書によれば、日本語学習者数は長い目で見れば着実に増えています。日本に来る観光客も年々増えているので、これから日本語を学んでいる外国人と話す機会も増えてくるでしょう。

僕は留学先だったり、日本の大学の日本語クラスだったり、スカイプ上だったりでよく日本語非ネイティブの方と会話をしています。

そうしていく中で、彼ら非日本語ネイティブと話す時に気を付けるべきと思ったことが3つあったのでシェアしようと思います。

続きを読む

「フィンランド」と「ポーランド」の国名の不思議

こんにちは。めいげつです。

先日ふと思ったのが、日本語を学んでいるフィンランド人学生で「フィンランド」を「フィンランド(ンとラに高いトーン)」と発音する人が多いということ。常に第1音節にアクセントが来るフィンランド語話者にとっては「フィンランド(フィに高いトーン)」の方が発音しやすいだろうになーと不思議に思っていました。

そしてこの前、なんとなく腑に落ちる答えを考えついたのでシェアしたいと思います。「フィンランド」の発音って他の「~ランド」系の国名と比べて少し変わっているんです。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

© Linna Meigetz 2019