こんにちは。めいげつです。

日本は歴史的に単民族国家と言われますが、もうそうとも言い切れないほどの移民大国になりました。

今回は、こうして日本が多様化するにあたって僕が非常に気になっていることの一つ、「『母国語』を使いまくるのはやめた方がいいよ」という話です。「母語」と「母国語」の違いにも触れながら深めていきたいと思います。

けっこう混同している人が多いけど、この2つはよく似た単語ですが全く違うものですよ。

※「日本人は~」と記事タイトルの主語が大きくなりすぎていることは先に謝っておきます。

<記事は広告の後にも続きます>

「母国語」使いすぎじゃない?

みなさん、「母国語」って言葉よく使っていませんか。主に、「その人が幼い時から話していて、一番上手に扱える言語」といった意味で。

会話ではそこまで頻繁に使う単語でもないですが、ニュースやドキュメンタリーなどのメディアでは、たまに聞くこともある程度かも知れません。

正直にいうと、僕はこの「母国語」という言葉の乱用が問題だと思っていて、使う時はかなり気を使わなければならないと思っています。

ちょっと例を見てみましょう。たとえば日本経済新聞のこんな記事。

ここでは「母語」を使っていて途中までは良かったのですが、最後に突然「母国語」が登場し、さらに「母語」と「継承語」が混ざって訳が分からなくなっています。タイトルでも「母国語」になってるし。

もう一つの例がこちらの「ポケトーク」。74言語に翻訳ができるという夢のような道具ですが、公式サイトにはこんな文言が。

ソースネクストの「POCKETALK(ポケトーク)」は、 74言語対応の夢のAI通訳機。互いに自国語のまま対話できる双方向の音声翻訳機です。

poCketalk(ポケトーク) – 翻訳機を超えた、夢の「通訳機」(太字筆者)

ここでは「母国語」ではなく「自国語」となっていますが、「国」が入っているので同じことです。こうしてみると、コンセプトが少しズレていないかと心配になります。

母語と母国語の違い

僕が非常に問題視している「母国語」という単語。国語辞典では、「母国語」がこう定義されています。

母国語 – 自分の国の言語。ーデジタル大辞泉

母国語(ボコクゴ)とは – コトバンク

そう、母国語とは「自分の国の言語」。ここでは自分が生まれた国の公用語や国家語と言っていいでしょう。英語でいうofficial languageとかnational languageにあたります(もっともofficial languageは国だけじゃなく国連やEUなどの組織の場合にも使います)。

そしてよく似た概念が、「母語(ぼご)」という言葉。「母国語」から漢字一文字抜いただけで非常に似た単語に思えますが、実際のところは少し違います。

辞書での「母語」の定義はこんな感じ。

《mother tongue の訳語》人が生まれて最初に習い覚えた言語。

母語(ボゴ)とは – コトバンク

母語は「国」という字が入っていないことから推測できるように、その人の母国に関係なく、純粋に幼い頃から使ってきた言語を指します。英語のmother tongue、あるいはドイツ語のMutterspracheかフランス語のlangue maternelleの直訳だと思われます。

あくまで個人的な印象ですが、日本ではこの「母語」と「母国語」がかなり混同されてると思います。本来「母語」というべきところで「母国語」を使っている人が多い。先ほどの日経とポケトークの例を見て頂ければあながち間違いではないかと。

繰り返すようですが、僕はこの種の「母語」と「母国語」の混乱は非常に良くないことだと思っています。「この違いを意識せずに混同しているってことは、日本人は言語に対して潜在的に偏見を持っているんじゃないか」と思えるくらい。それ程デリケートな問題を孕むことなのです。

そのシンプルな理由を以下、綴ってゆきます。

<記事は広告の後にも続きます>

母語と母国語が違うこともある

日本の写真
路地を行き交う人々の、一体何人が非日本語ネイティブなのだろう? cegoh / Pixabay

1981年出版と結構古いですが、『ことばと国家』という本にこんな一節があります。

母国語とは、母国のことば、すなわち国語に母のイメージを載せた煽情的でいかがわしい造語である。母語は、いかなる政治的環境からも切り離し、ただひたすらに、言葉の伝え手である母と受け手である子供との関係でとらえたところに、この語の存在意義がある。母語にとって、それがある国家に属しているか否かは関係がないのに、母国語すなわち母国のことばは、政治以前の関係である母にではなく国家に結びついている。

田中克彦(1981)『ことばと国家』岩波書店

そう、「母国語」とは、自然発生的なものである言語と人工物である国家を、ナショナリズム的な思想で結び付けた言葉です。

たしかに、日本で生まれ育った日本人の大多数にとってはおそらく、母国語=母語が成立するかと思います。

我らが日本国の(事実上の)公用語は日本語で、国家語も日本語と言って差し支えないでしょう。それで日本人の多くは、その公用語ないし国家語を自分たちの母語として習得しているでしょう。よって母国語=母語という図式が成立します。

でも母国語と母語が一致しない人だって、世の中にはたくさんいますよ。

アメリカやオーストラリア等移民国家の子どもだったり、エストニアのロシア系住民だったり、インドの少数民族の人だったり。こういった場合は自分の母語が国の言語(つまり公用語や国家語)ではないことが多いです。

しかし遠い海外の出来事と侮るなかれ。導入でも触れた通り日本はもう移民大国。もしかしたら、日本を母国と思っていても、日本語が母語じゃないケースがあるかも。

そしてこれからも、日本にも外国から観光客や移民としてより多くの人が来るでしょう。中にはここで紹介したような「母語=母国語」が成り立たない例だってあるのです。

「母国語」に潜む偏見。乱用は避けてほしい

本来「母語」を使うべきところで「母国語」を使うことは、「全ての言語には公用語/国家語としての地位がある」とか「その人の生まれた国の公用語/国家語がその人の母語である」という潜在的な偏見が見え隠れします。

こんな偏見が間違っているということは、世の中に存在する言語の数(数千あるとも言われます)と国家の数を比較するだけでもすぐにわかること。

伝統的に単民族国家と呼ばれてきた日本にもすでに相当数の移民がいますし、これからも多様化が進むことでしょう。それを踏まえて、アイデンティティに関する偏見を持っていることは、非常に厄介な問題を誘発する恐れがあります。意識してようが無意識だろうが同じこと。

たとえばロシアから来たウクライナ語を母語とする人に「じゃああなたの母国語はウクライナ語なんだね」と言ったら違うと言われるでしょう。

それにその後の会話もウクライナ語を指しているつもりで「母国語」と言い続けていれば、聞いている相手は非常に当惑するのではないでしょうか。「明らかウクライナ語(=母語)の話をしているはずなのに、なぜ母国語(=ロシア語)ばかり指してるんだろう」といった具合に。

※とくにロシアとウクライナ語を選んだ理由はございません

日本への移民が最も多い中国だって、公式に認知されているだけでも55もの(非中国語系の)民族語があるんです。中国人の全員が「中国語」のネイティブだと言い切れるんでしょうか。

まあ上の例はあくまで推測に過ぎないものの、「母語」と「母国語」の問題は非常にセンシティブな誤解を招きうる表現だということが分かって頂けるかと思います。

こちらのBBCのドキュメンタリーで紹介されているインドの国家語はヒンディー語ですが、マラーティー語やグジャラート語など多数の(それも結構大きな)地域語が話されています。ヒンディー語を母語としない人にとっての母国語とは、一体何語なのでしょうね?

言語はアイデンティティを形成する大きな要素。多様化が進むにあたって、アイデンティティに関する偏見を持つのはまず。 偏見は 言葉一つ一つにも宿ります。

たとえ相手が日本人でも注意が必要かもしれないですね。法的にかつ当人のアイデンティティ的に日本人でも、もしかしたら母語が日本語じゃないかも。「日本人は日本語を(流暢に)話せて当然」というのも、もう古い考え方になるのではと思います。

<記事は広告の後にも続きます>

最後に

以上、「母国語」という単語の乱用は避けた方がいいと思う、という話でした。やはり「母語」という言葉を広めるのが妥当かと思います。

しかし、「母語」って少し使いづらい言葉ですよね。理由は何となく学術的な響きがあってお堅く聞こえるから。「母国語」のがより話し言葉に根差していて、「国」を抜いただけで一気にカタくなります。それは認めます。

ただそれを差し置いても、「母国語」の乱用が目に余るので注意したいところです。

その点英語のnative languageやmother tongueとはよく言ったもので、日本語の「母語」とも違い話し言葉でも言いやすい印象があります。「母語」という単語も、英語のnative language並みに広がってくれると良いと思うのですが。

それでは、またの機会に。

Header Image by cegoh / Pixabay