月別: 2018年11月 Page 1 of 2

複数都市の海外旅行を楽しむならルーティーンを1つ決めるのがコツ

こんにちは。めいげつです。

海外旅行ってワクワクしますよね。日本では見られないような景色に見入ったり、現地の珍しい食べ物を愉しんだり、楽しいアクティビティに精を出したり。

「非日常」にどっぷり浸かれる海外旅行ですが、もし2つ以上の国に跨る旅をするときは、滞在先で「必ずやること」を決めてみてはどうでしょう。海外旅行がもっと楽しくなりますよ。

続きを読む

秋空の下のヘルシンキ大聖堂

フィンランドって「どんな」国?元ヘルシンキ交換留学生が考えてみた

日本はものすごく「便利な」国だと思います。こんにちは。めいげつです。

国のイメージを決める要因って、色々ありますよね。地理的要因とか、気候とか、人々の性格、有名な観光地とか。あとは単なる偏見だったり。アメリカやフランスなどのメジャーな国ならともかく、小さい国だと具体的イメージはないかもしれません。

では、フィンランドとはどんな国なのでしょうか。交換留学生としてヘルシンキに在住していた僕が考えてみました。住んでいたのは首都ヘルシンキだけなのでどうしてもヘルシンキ中心の話になりますが、フィンランドの他の地域に旅行または留学する方にも参考になるかと思います。どうぞお付き合いください。

続きを読む

逗子の古民家ヴィーガンカフェBeach Muffinで湘南の地ビールを楽しむ

寒くなってきましたね。

こんにちは。めいげつです。

前回の記事では葉山の近代美術館でアルヴァ・アアルトの展示を観てきた話をしました。

その帰り道に立ち寄った隠れ家のようなカフェBeach Muffinで、逗子のクラフトビールを楽しんできたのでレビューします。

続きを読む

「アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然」20年ぶりの回顧展@葉山

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京ステーションギャラリーにて2月16日(土)より開催されます。こちらのレビュー記事は、葉山の美術館で2018年11月に行われたほうの展示会(既に終了)のものです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

久々にサイクリングをしてきました。こんにちは。めいげつです。

今回の目的地は葉山。1時間くらいかけてサイクリングしてきました。

というのも、葉山市にある神奈川県立近代美術館葉山にて、期間限定の展覧会『アルヴァ・アアルト――もうひとつの自然(Alvar Aalto ―― Second Nature)がやっていたので観に行くため。今回はそのレビューです。

※当展示会は既に終了しています。

続きを読む

【お知らせ】ブログ開始から3ヶ月、とりあえず目標達成しました。

こんにちは。めいげつです。

Linna Meigetzは、「海外(フィンランド等の欧州)」「外国語」というテーマに関する雑記ブログとしてスタートしました。僕がこのブログを始めたのは3ヶ月とちょっとくらい前です。サーバーの無料お試し期間に申し込んだのが8月5日、最初の記事を投稿したのが8月8日なので、最初に記事投稿から今日で3ヶ月と3日目。早いものですね。

当ブログ上では明言しませんでしたが、僕は記事の数についてある目標を立てており、それを昨日達成いたしましたのでご報告します。

続きを読む

ウズベキスタン旅行の旅費(概算だけど)をまとめてみた

こんにちは。めいげつです。

僕は2019年9月下旬にウズベキスタンを旅行しました。ここでこれからウズベキスタンに行くという人の助けに少しでもなれればと、ウズベキスタン+ソウルで使った旅費をシェアしてておきます。

8日間の予定で、予算は多く見積もって20万円。念のため親に3万だけ借りていきました。さて、いくら残ったのでしょう。

あくまで概算ですし、記録漏れもあったりするので目安程度にとどめておいて頂けたらと思います。

続きを読む

途中の島(確かパロス島)に寄港した時に船上から港を撮った写真

欧州旅行ならバスを使え!6ヶ国11都市を1月で回った時の交通機関

こんにちは。また近いうちにヨーロッパに行きたいめいげつです。

留学先であるヘルシンキ大学での授業が全て終わったのは、2017年5月の頭に。そこからビザが切れる6月末まで2ヶ月ほど暇な時間がありました。

なので「せっかくヨーロッパにいるんだし!」と思い、イタリアから途中何ヶ国か東ヨーロッパを通ってフィンランドに戻る、という通称「ヨーロッパツアー」(僕が勝手にそう呼んでるだけですが笑)を敢行しました。2017年5月27日~6月19日の24日間で、6ヶ国と10都市(とお城1つ)を回りました。

その間の都市間の移動には、おそらく利用できる全ての交通機関を使ったと思います。陸路、空路、海路全てです。以下使った回数順で紹介します。

続きを読む

ヘルシンキ大聖堂

フィンランドがおすすめな留学先である6つの理由

こんにちは。メジャーなものよりもどちらかというとマイナーなものが好きなめいげつです。

フィンランドは英語圏の国々に比べて非常にマイナーな国なので、留学先を選ぶときにフィンランドは候補に上がりにくいです。

が、僕からすれば、フィンランドは安心して勉学に励むことのできる環境がそろった、留学先におすすめな国です。僕はヘルシンキにいたので基本的にヘルシンキのことしか言えませんが、おそらく大きい町ならばどこでも当てはまることだと思います。

以下、フィンランドが留学先としてなぜ優秀なのか、その理由を6つ、ヘルシンキでの留学経験者が紹介します。大学でも高校でも大学院でも、留学でもインターンでも、フィンランドでの長期滞在をお考えの方はご参考にしてください。

続きを読む

フィンランド語の近くて遠い隣人・クヴェン語の国の名前を見てみる

こんにちは。めいげつです。

ほぼ「標準語」を話す自分としては、方言って非常に興味深いです。

たとえば小笠原方言とか。あまり詳しく知っているわけではないのですが、アメリカの統治下で日本語と英語が混ざって「私」のことを「ミー」と呼んだり、日本語の中に英語が混じったような話し方をするという話を聞いたことがあります。こんな風に特に少数の方言を見てみるのはとても興味深いです。

あとは自分が勉強している外国語の方言とか。たとえば僕は河口域英語とか、ケベックのフランス語が大好きです。何たってあの耳に残る発音。世で「標準」とされているのとは違う発音っていうのが何だかワクワクします。

で、今日のテーマはとある言語の変種のお話です。みなさんは「クヴェン語」という言葉をご存知でしょうか? 

続きを読む

旅行は3度楽しい。

こんにちは。めいげつです。

僕は大学生になってからたくさんの旅行をしました。それも大学2年生から現在までの2年の間で。それ以前は、家族旅行で年に1回行くくらいでした。目的地はだいたい河口湖で、たまに北関東や伊豆半島にも足を運びました。

それで、先日ふと思ったのが、旅行の楽しさって単に旅行に行っている間のものだけではないこと。旅行は3回楽しめるものだと気づきました。以下、その理由を個人的体験も交えてお伝えします。

続きを読む

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

© Linna Meigetz 2019