寒くなってきましたね。

こんにちは。めいげつです。

前回の記事では葉山の近代美術館でアルヴァ・アアルトの展示を観てきた話をしました。

その帰り道に立ち寄った隠れ家のようなカフェBeach Muffinで、逗子のクラフトビールを楽しんできたのでレビューします。

◆関連記事◇

Sponsored Link

湘南のリゾート、逗子の古民家ヴィーガンカフェ

僕が住む神奈川県南部、湘南という地域には地ビールもといクラフトビールのブランドがいくつかあります。茅ヶ崎市の熊澤酒造の湘南ビール、鎌倉ビール、江の島のしらす問屋とびっちょが作るしらすビール(地味におすすめです)、そして今回(といっても1週間前ですが)飲んできた逗子市のヨロッコビール

このヨロッコビールは逗子駅の近くに小さな醸造所を構えているのですが、醸造所での販売はしてないそうで、代わりに川沿いのBeach Muffinというお店で樽生を楽しむことができます。

この間のサイクリングには、アアルトの展示と逗子の地ビールと、2つの
目的があったわけです。だってこの二つ、結構近くにあるんだもの。行かない理由が見つからないですよね。

外観

お店の外観はこんな感じ。葉山方面から来た場合カーブが終わるあたりにあるので、気を付けてないと通り過ぎてしまいそう。

一応向かって右隣にドミノピザがあって目印になるのですが、それを知らなければどうってことはありませんね。

見た感じあまりビールのお店という感じはしませんが、それもそのはず、このお店はここいらでは珍しいヴィーガンカフェなのです。

なのでメニューを見ても、お肉や乳製品など動物性の材料を使った料理は見られません。

ただ僕がここに来たのはクラフトビールを飲むため。逗子の小さなマイクロブルワリー(二重表現)「ヨロッコビール」がタップで楽しめる唯一のお店なのです!

それに僕はそもそも菜食主義でも何でもないので、ヴィーガンの皆さんには申し訳ないですがヴィーガン料理は今回ノータッチです!(ポテトは食べるけど)

その日は何がしかのマーケットをやっていたらしく席が少なかったみたいですが、お一人様でビール目当てということを伝えると奥の方の小さな席に案内してもらえました。

タップ

ビールはこのカウンターで注文し、その場で現金でお支払い。キャッシュオンデリバリーってやつですね。

写真がよくなくて見づらいですが、タップはなかなか面白いデザインです。

内装についてはあまり写真とってませんでした。これらは数少ない内装の写真……といっても下の写真は上半分がブレまくってますが。

なんだか一昔前の平屋を改築 (増築?)したような趣で、クラフトビールバーによくある小綺麗な内装とはまた違った雑多な感じ(いい意味で、です)。

サーファーがよく集まる場所だと、こういった雰囲気が好まれるのでしょうか。

さあ逗子のクラフトビールをトライ。

お待ちかねクラフトビールです。その日はハーベスト・セゾン、セゾン、黒ビール(ポーターだったかな)とあともう一つ(忘れました)の4種類がありました。

ものすごく悩んだのでおすすめを聞いたところ期間限定の「ハーベストセゾン」を勧められたのでそれにしました。4種類全て一杯800円。サイズはハーフパイントくらいなので少々割高。

お店の人によるとこのハーベストセゾン、みかんが入っているらしいです。

いざ飲んでみると、みかんかどうかはあまり分からないけど、さっぱりした柑橘系のフレーバーをしっかり感じられます。非常にフルーティな味わいで、暑い日とかはとても丁度良いと思います(その日は涼しかったけど)。

エールのような濃厚な香りではないけど、穏やかな柑橘系の香りがふわっと広がります。

藤沢駅近くの湘南ビールの樽生が飲める店(近いうちに記事書きます書きました。こちら)のセゾンビールに比べて、エールのような舌の表面につく苦みは控えめです。

セゾンビールにもいろいろあるようですが、もしかしたら下面発酵(ラガー)なのかな……? と思うくらいさっぱりしていました。

Sponsored Link

スパイシーで堅揚げなポテトが絶品!

ビールに800円使ってしまったばかりなのですが、我慢できずおつまみにフライドポテトを注文。

クリスピーフライドポテト」、レギュラーサイズで600円。先ほどのタップのあるカウンターでビールと同様に注文できます。

クラフトビールのお店でポテトを頼むのが、今では完全にルーティーン化しています。だってどのお店にも置いてあって、どのお店にも同じものはないんですから。

で、ここのポテトはまた面白かったです! カレーとかジャークチキンに入っているような、エスニック創作料理でよく使われていそうなスパイスがすごく利いています。

それに外側はカリカリどころか、噛むとガリガリと音が聞こえるぐらい固く揚げてあります。スパイシーさとこの歯ごたえが堪りません。

まあセゾンビールとの組み合わせがベストとは思わないけど、このポテト、すごくいいです。これなら600円払うわ。なんなら800円払ってジャンボサイズを頼んでも良かったくらいです。おすすめです。

最後に

以上、逗子のBeach Muffin、というよりはヨロッコビールのタップルームのレビューでした。

他のレビュー記事を読んでいて知ったのですが、ここ、『海街Diary』のロケ地になったそうですね。確かにいい感じに古くて雑多な感じが良い雰囲気を醸し出しているので納得です。

なんとなく1人で行くよりも複数人で行った方が楽しそうな雰囲気なので、次は友達と一緒に行けたらなと思います。

◆神奈川県の自家製クラフトビールが美味しい店を紹介しています↓

◆なんと中央アジアのウズベキスタンでもパブに行ってきました。サマルカンドの、ビール工場の隣にあるパブです。

Beach Muffin
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山8丁目3−22
営業時間:木・金・日曜11:00~18:00、土曜11:00~22:00pm
https://www.beachmuffin.com