ウズベキスタン旅行に際して、「ウズベキスタンって、どんな料理が食べられているんだろう?」とか、「現地でおすすめの料理はなんだろう? 」とか思った方いませんか。

こんにちは。めいげつです。

中央アジアに位置する国・ウズベキスタン。シルクロード交易の要所で、同国で最も有名な観光地サマルカンドは、ティムール朝の王が整備した青い都として知られています。

隣国全てが内陸国という、世界でも2国しかない二重内陸国の1つであるウズベキスタン(もう1つはリヒテンシュタイン)。そんなウズベキスタンの料理は、穀類やお肉がメイン。昨年(2018年)9月にウズベキスタンを旅行した僕が、現地で食べたいウズベキスタンの料理を、僕の直感と偏見でランキング形式で紹介します。

Sponsored Link

ウズベキスタン料理第6位:ロシアン餃子ペリメニ

ペリメニとサラダとナンと緑茶
ペリメニ(手前左)。サマルカンド駅の食堂にて

まず紹介したいのはペリメニ(пельмени)。厳密に言えばロシア料理ですが、この種のダンプリングはユーラシアの色々なところで見られます。シンプルにいえばロシア風水餃子のような料理。

ウズベキスタンは旧ロシア帝国および旧ソ連の影響下にあったので、こうしたロシア料理も存在しているのでしょう。

ロシア料理と言ってもボルシチのようなどぎつさはなく、ふつうの水餃子です。スメタナ(サワークリーム)がかかっているのを別にすれば、さながら変な形をした東アジアの水餃子のような感じです。

僕がペリメニを食べたのは、サマルカンド駅の奥にある食堂。サムサと一緒に出してもらえました。どちらも美味しかったです。余談ですがここの店主が穏やかな感じでいい人でした。

ちなみにマンティという似たような料理があるそうですが、僕は食べたことがないのでここでは省略します。

ウズベキスタン料理第5位:ウズベク食文化の鏡、プロフ

ボロハウズ・チャイハナで食べたプロフとサラダとナン。ブハラにて
ボロハウズ・チャイハナで食べたプロフ(手前左)。ブハラにて

続いては中央アジア一帯で広く食べられている米料理、プロフ。ウズベキスタンでもよく食べられています。

プロフ(плов)はロシア語の名前で、ウズベク語ではパロフ(palov)とかオシュ(osh/ош)とも呼ばれます。

いわゆるピラフですが、非常に地域差があって、お米がパラパラとそたものからより脂っこいものまで色々あります。僕の印象では、タシケントとブハラで食べたプロフはパラパラとしていて食べやすかったです(サマルカンドでは食べてません)。

プロフには、基本的に羊肉が上に乗っています。言い方は悪いですがお米の部分だけだと味が地味で単調になりがちなので、羊肉をつまみながらお米を食べるとGood。

ナンに乗せて食べるても美味しいです(炭水化物on炭水化物になりますが)。

タシケントでのランチ
プロフ(左下)。タシケント、Oloyバザール近くのレストランAzura Parkで

Sponsored Link

ウズベキスタン料理第4位:中央アジア版串焼き、シャシリク

タシケントで食べたシャシリク
Azura Parkで頂いたシャシリク。タシケントにて

シャシリク(Shashlyk/Шашлык)は中央アジア版ケバブ、もっと分かりやすく言えば中央アジア版焼肉といったもの。こちらも中央アジア一帯ではポピュラーな料理です。

ウズベキスタンではほとんどのレストランやチャイハナで用意されているはず。

シャシリクと言えばやはりラム肉が多く、金属の櫛に貫かれたかたちで出されます。ものにもよりますがお肉一つ一つが大きくて、案外お腹にたまります。

僕はラム肉のものしか食べませんでしたが、牛肉や鶏肉などのバリエーションもあるようです。

シャシリクは、酢漬けのタマネギと一緒に出されることが多く、その酸味が意外とシャシリクに合うんですよね。上の写真のように酢タマネギにディルがかかっていることもあります。

シャシリクの発祥はコーカサス地方のよう。ロシアでもよく食べられるため、「中央アジア料理」とか「ウズベキスタン料理」と紹介していいものかはやや疑問ですが。

サマルカンドでの最初のディナー。シャシリク
現地のローカルレストランで豆のスープ(奥右)と共に。サマルカンドにて

ウズベキスタン料理第3位:セントラルアジアン・ミートパイ、サムサ

サムサとソース

第3位のサムサ(somsa/сомса)は中央アジアのミートパイ。

焼き立てサクサクの生地の中にお肉がつまっている、素朴だけどなかなかに絶品な一品。

僕がサマルカンド駅で食べたサムサは味が非常に日本人向けで、ボリュームがありました。脂っこいので、付属していたさっぱりした味の辛味ソース(写真右)と食べるとおいしかったです。

地方によって形は様々なようですが、僕がサマルカンドで食べたサムサはかわいい三角形をしていました。ブハラのゲストハウスRumiで朝食に出されたのも三角形でした。

結構油っぽいので指が油まみれになります。ウェットティッシュの用意があると安心です。

Sponsored Link

ウズベキスタン料理第2位:麺料理ラグマン

サマルカンドで食べたラグマン
ラグマン(手前左)。シヨブ・バザールの隣のチャイハナでの昼食。サマルカンドにて

第2位はウズベキスタンでポピュラーな麺料理ラグマン(lagman)。

うどんのようなコシのある太麺に、たっぷりの野菜とラム肉がおいしい。僕はウズベキスタン国内の数か所でラグマンを食べましたが、どこでもはずれはありませんでした。

ひとくちにラグマンと言っても数種類あるようで、上の写真のようにラーメンのようにスープがたっぷりあるものや、下の写真のもののように知るが少ないものもありました(サマルカンドのラグマン→汁あり、ブハラのラグマン→汁なし??)。

ですが太麺、ラム肉に野菜といった基本的な材料は変わらないようです。スープが赤色っぽいのも共通。

ラグマンは本当に美味しいので、ウズベキスタンに行ったら食べてみることを強くおすすめしますよ!

ブハラで食べたラグマン。スープ少なめ
観光客向けのレストランMinzifaで食べた汁少なめのラグマン。ブハラにて

ウズベキスタン料理第1位:野菜と羊肉の温かいスープ、ショルパ(ショールヴァ)

羊肉と野菜のスープ、シュルパ
ブハラの観光客向けレストランMinzifaにて

ウズベキスタン旅行で食べた料理の中で、ダントツで美味しいと思ったのがシュルパ(sho’rva/шурпа)です。ウズベキスタンのスープ料理です。

こちらもウズベキスタンを含む中央アジアではポピュラーな羊のお肉を使っていて、ニンジンやトマトなどの野菜やジャガイモもたっぷり入っています。

ちょっと脂っこいけど、お肉と野菜の旨味が出ているやさしい味。比較的鮮やかな味のラグマンやサラダと組み合わせると、味のコントラストが際立ってさらに楽しめます。

僕はこのスープが、実際に食べたウズベキスタン料理の中で一番好きです。ウズベキスタンに旅行に行ったら、是が非でも食べてみてください。

Sponsored Link

おまけ①:ウズベキスタンのナンでがっつりお腹いっぱい

ウズベキスタンは穀物が非常によくとれる国。レストランで料理を頼めば、高確率でウズベキスタンのパン、ナン(non)がついてきます。

しかも結構なサイズで出てくるので、ナンを食べるだけでかなりお腹にたまります。プロフを乗っけたり、ショルパに浸けて食べたりすると美味しいですよ。

おまけ②:料理の前菜にはトマトとキュウリのサラダを

ウズベキスタンのレストランでナンとともに高確率で出されるもの。それがサラダ。

サラダはどこでも似たようなもので、トマトとキュウリにディルとドレッシングがかかったもの。どこに行っても同じようなものが出てきます。

ウズベキスタンの料理は脂っこいので、前妻としてサラダが食べておくと言朝への負担が軽くなるかもしれません。

Sponsored Link

おまけ③:ウズベキスタンなら飲み物はやっぱりチャイ

ウズベキスタンではチャイ(お茶)がよく飲まれます。ヨーロッパでいうタヴェルナのような食堂チャイハナ(chayxona)も、この「チャイ」から来ているかと。

ウズベキスタンのレストランでお茶を頼むと、「緑と黒どちらがいい(чёрный или зелёный)?」と聞かれる(黒とは紅茶のこと)ので、お好みで選んでください。

緑茶でも紅茶でもそちらでも良いですが、僕は断然緑茶をおすすめします。食べた後の胃腸の調子が全然違うからです。

聞いた話だと緑茶の成分が油を分解するとかなんとか。あとは単純にウズベキスタン料理には緑茶の方が合うような気がするので。

おまけ④:ウズベキスタン土産ならドライフルーツがおすすめ

ウズベキスタンのバザールに行くと、ほぼ100%の確率でドライフルーツ屋さんを見かけます。

アプリコットやレーズンなど色々な種類のものがありますが、個人的に一番おすすめなのがドライメロン

山積みのドライメロン。サマルカンドのバザールにて
山積みのドライメロン。サマルカンドのバザールにて

そもそも珍しいメロンドライフルーツに、このくるくるっとした形! レーズンのようなものが巻かれているのがほとんど。

観光地のバザールに行けばどこでも売っています(サマルカンドのSiyob Basaar、タシケントのチョルスー・バザールMirabad Basaarで確認済み)。

おそらくウズベキスタン(あるいは中央アジア)以外では見ることのできないと思いますので、お土産にぴったりですね!

あ、でも正直味はクセが強く人を選びます。生メロン好きな僕はあんまり好きじゃないです。

Sponsored Link

おまけ⑤:東京でもウズベキスタン料理が

ここでウズベキスタンに行ったら食べたい料理をあげましたが、食べたくてもおいそれとウズベキスタンに行ける人はそうそういないでしょう。

しかしご安心を。さすがは世界最大の都市東京、ウズベキスタン料理レストランもちゃんとありました。日本橋にあるAlohiddinというお店です。

浅草にも「サマルカンド」というお店があったらしいのですが、どうやら閉店してしまったみたいです。

Alohiddinについては僕も実際に足を運びました。お店の様子やレビューについては「【ウズベク料理】日本橋のALOHIDDINでウズベキスタンが詰まったプレートをいただく」をご覧ください。

まとめ:ウズベキスタンの多様な食文化を現地で!

以上です!ウズベキスタンは遠い国ですが、ウズベキスタン料理は脂っこさを除けば食べやすい料理が多かった印象です(胃腸の弱い人はくれぐれも気を付けて!)。

ウズベキスタンに旅行する機会があったら、ぜひ現地の料理を楽しんでください!

他のウズベキスタン旅行記へはウズベキスタン旅行記&関連記事まとめへ。

最後のウズベキスタン旅行記の記事にて、おすすめのガイドブックなども紹介しています。(ネタバレするとKindle Unlimitedに無料体験すればタダで読める、ロンプラことLoneky PlanetのCentral Asiaです)

食べ物関連では「ウズベキスタン・タシケントのスタバBlack Bear Kofiが都会のオアシスだった(カフェ)」「醸造所のすぐ隣! サマルカンドのパブ「Bochka」に行ってみた(地ビール)」もあります。

◆当ブログの人気記事◇