語学と旅行好きの個人ブログ[レヴォントゥリア]

タグ: 食生活 Page 1 of 2

マイナーだけど、日本人に是非おすすめしたいヨーロッパ料理10選+α

ヨーロッパの料理と言えば、イタリアやフランスの料理が非常に有名。パスタやピザはもはや世界中で食べられますし、フランス料理は高級料理の代名詞のようなもの。

ですがヨーロッパの料理はそれだけではありません。いわゆる穴場のようなヨーロッパの東や北の国々にも、美味しい料理はたくさんあります。

ここでは北欧と東欧を中心にヨーロッパ20ヶ国60都市を旅した筆者が、「これは日本人に味覚に合うんじゃないか?」と感じた「ちょっとマイナーな」ヨーロッパ料理を10品紹介いたします。

東京でウズベキスタン料理ならここ!ヴァタニム(Vatanim)

こんにちは。めいげつです。

2019年の2月、高田馬場にウズベク・キルギス料理店ヴァタニム(Vatanim)が、新しくオープンしました。

僕も昨年にウズベキスタンに行ったご縁(?)から、さっそく行ってまいりました。

結論から言うと、本当に現地で食べられるような本場のウズベキスタン・キルギス料理が楽しめます! 東京でウズベキスタン料理ならまずここに行け、と言えるくらいでした。

レイパユースト

【北欧料理】まずくない!美味しいフィンランド料理9品はこれ

現地でご飯を食べることは、旅行の醍醐味ですね。こんにちは。フィンランド留学経験者のめいげつです。

フィンランド土産についての記事を色々と見ていたところ、とあるブログのとある記事にたどり着きました。

そのブログのフィンランド旅行記を楽しく拝読していたのですが、あまりにもフィンランドの食べ物がまずいまずいと酷評されていたので、ちょっと火がついちゃいました。

僕はフィンランドに留学生として10ヶ月滞在し、フィンランド料理を食べたり自分でも作ったりしたので、けっこうフィンランドのご飯に親しんだ方かと思います。ここでは「まずい」とい言われがちなフィンランド料理の、個人的においしいと思ったものをあげてみました。

白スグリ(ホワイトカラント)の写真

北欧フィンランドのベリーワイン!Élysée No.1を飲んでみた【スパークリング】

こんにちは。めいげつです。

北欧でワインが作られていると聞いたら驚きますか? 実は緯度が高い北欧でも、ワインが作られているんです。

今回は北欧のワイン事情と、実際に僕が飲んでみたフィンランド産ベリーワインの感想を書いていこうと思います。

ブハラで食べたラグマン。スープ少なめ

中央アジアの食文化!ウズベキスタンに旅行したら食べたい料理6選

ウズベキスタン旅行に際して、「ウズベキスタンって、どんな料理が食べられているんだろう?」とか、「現地でおすすめの料理はなんだろう? 」とか思った方いませんか。

こんにちは。めいげつです。

中央アジアに位置する国・ウズベキスタン。内陸国であるウズベキスタンの料理は、穀類やお肉(特に羊肉!)がメイン。昨年(2018年)9月にウズベキスタンを旅行した僕が、現地で食べたいウズベキスタンの料理を、僕の直感と偏見でランキング形式で紹介します。全部現地で食べたものですよ!

藤沢で湘南ビールを楽しむならMOKICHI CRAFT BEER!足繁く通った感想

こんにちは。めいげつです。

毎年多くの観光客やサーファーが訪れる湘南。江の島はいついっても観光客で溢れかえっているし、夏になればビーチやプールは水着の海水浴客がはしゃぎ回り大いににぎわいます。

そんな海水浴とサーフィンの聖地湘南に根差した地ビール(クラフトビール)が、茅ケ崎の熊沢酒造が作る「湘南ビール」です。この藤沢市近辺ではスーパーで見かけるちょっとお高めのビールですが、その湘南ビールがドラフトで楽しめるお店があります。

それが今回紹介するMOKICHI CRAFT BEER(モキチ クラフトビア)です。

ウズベキスタン一人旅:一週間旅した感想と注意点など

こんにちは。めいげつです。

青の都サマルカンドであったり、最近観光ビザが不要になったりと最近よく聞くようになったけれど、ウズベキスタンはまだまだ未知の国。具体的なイメージがわかない……という方も多いと思います。

僕は9月下旬に1週間ほどの旅程で中央アジアの未知の国ウズベキスタンを一人で旅行したのですが、この時に現地で気づいたことをシェアします。

これからウズベキスタンに(一人で)旅行する方に役立つヒントもあるかもしれません。

横浜◆天王町の住宅街の隠れたフィンランド、poro珈琲

こんにちは。日本でフィンランド関連の場所やイベントを見つけると必ず行きたくなるめいげつです。

今回はとあるレストランのレビュー記事。横浜駅からすこし離れたところにある小さなフィンランドを感じられる場所、その名も「poro珈琲 and Bar(Kahvila poro)」。随分前からマークしていたのですがようやく行く機会を得られました。

今までブルーパブしか投稿してこなかったこの「食べ物」カテゴリにも、少しだけ趣向の異なる投稿をしてみたいと思います。

フィンランドの食品ロスと、学校給食について【簡単なフィンランド語のニュース】

こんにちは。明月です。

美味しいものを腹いっぱい食べたいと願うのは人類共通の願いではないでしょうか。

ですが世界には、満足に食べ物を食べられない人たちがたくさんいます。その一方で、先進国ではまだ食べられるはずの食品が大量に廃棄されています。

そんななか、2018年9月11日の「簡単なフィンランド語のニュース(Yle Uutiset Selkosuomeksi)」には食べ物がテーマのニュースが2つありました。タイトルにある食品ロスについてと、学校の給食についてです。

【1杯300円~】川崎・登戸の格安クラフトビールパブ「ムーンライト」

まだまだクラフトビール熱は冷めきっていないんではないでしょうか。明月です。こんにちは。

小さな醸造所がこだわりをもって作っているクラフトビール。どのクラフトビールも個性があってさらに美味しいのですが、いかんせん割高な場合が多いです。

ですが神奈川県の川崎市に、1杯300円からクラフトビールを楽しめるお店があります。

下手をすれば居酒屋よりも安く飲めるブルーパブの名は、「ムーンライト」。小田急線の駅から少しの場所にある、小さなマイクロブルワリー&ブルーパブです。

Page 1 of 2

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén