こんにちは。めいげつです。

フィンランド土産についての記事を色々と見ていたところ、ふとこんな記事にたどり着きました。

フィンランド旅行記を楽しく拝読していたのですが、あまりにもフィンランドの食事がまずいまずいと酷評されていたので、ちょっと火がついちゃいました。

僕はフィンランドに留学生として10ヶ月滞在していたので、けっこうフィンランドの食に親しんだ方かと思います。ここでは「まずい」とい言われがちなフィンランド料理の、個人的に美味しいと思ったものをあげてみました。

Sponsored Link

フィンランド料理ってどんな料理?

旅をする人の中ではよく聞くまずい料理問題。イギリス料理を筆頭に、ノルウェーやフィンランドなどの北欧、ロシアなどがランキングの常連のようです。北国の料理が総じて酷評される印象。

日本ではあまりなじみのないフィンランド料理を一言で表すと、「素朴」で「シンプル」です。悪く言えば「地味」です。

トマトやオリーブといった地中海の恵みに彩られた百花繚乱のイタリア料理や、鼻に掛かった発音でオート・キュイジーヌと言わんばかりの美しきフランス料理のような華やかさは、正直期待できません。こういった鮮やかな「美食」を求めると痛い目に合うかもしれないのは事実かも。

フィンランド料理のざっくりとした特徴は、海水魚や淡水魚をよく使うことと、あまり調味料や香辛料を使わないことでしょうか。内陸部に行けばサーモンなどの海水魚は少なくなり、肉食が多くなります(あと淡水魚)。北部ではトナカイの肉も食べられます。

寒い気候で体温維持のためにエネルギーを多く必要とするのか、クリーミーなサーモンスープのような「重い」料理が多い印象です。そしてギッシリと詰まった重いパンと、酸味があって固いライ麦パン。などなど。

では、ここからはフィンランド留学経験者の僕が、絶対まずくない、美味しいフィンランド料理を紹介していきますねー。

サーモンスープ

南ヘルシンキのフィンランド料理ビュッフェKonstan Möljäにて。サーモンスープなど
右側にあるのがサーモンスープです。Konstan Möljäにて

フィンランド料理と言ったらなんといってもこれ。ロヒケイット(lohikeitto)、つまりサーモンスープです。

クリーミーなスープに、ぶつ切りのサーモンがどっさり。タマネギやリーキなどの野菜、これもぶつ切りのジャガイモが入って、ディルというハーブで香りづけたをしたもの。

かなり質素ではありますがこれがなかなかの絶品で、僕はフィンランド料理と言えばこのサーモンスープを激推ししているのであります。フィンランドに行ったら、ぜひみなさんも食べてみてください。

あ、スープだから「飲んでみてください」と言うべきですかね。

僕が自分で作ったサーモンスープ
※これは僕が作ったサーモンスープです。意外とうまくできました。レシピはこちら

Sponsored Link

ムイックの素揚げ

淡水魚ムイックの素揚げ。ヘルシンキのマーケット広場にて
ヘルシンキのマーケット広場にて

フィンランドは、森と湖の国。たとえ内陸地であっても、湖や川に生息する、海水魚とはまた違ったお魚が楽しめます。

ムイック(muikku)は湖などに生息するサケ科の淡水魚の一種。ここで紹介するのはそれを素揚げにしたシンプルな食品です。フィンランドのファストフードのようなものですかね。

これが非常に質素ですがなかなかにウマいのです。

ムイックは淡水魚ではありますが、ヘルシンキでも食べられます。たとえば大統領官邸近くのマーケット広場・カウッパトリ(Kauppatori)の屋台。晴れた日にはバルト海を望みながら、たくさんの人で賑わうマーケットの真ん中でサクっと一口すると良いでしょう。

サーモンのオープンサンド

ヘルシンキのオールドマーケットホール(Vanha Kauppahalli)などの屋内市場では、サーモンなどの魚のフィレだったり、スープが飲めたり、カフェがあったりと色々できちゃいます。

そしてこのオールドマーケットホールのショーケースでよくみられるのが、スモーブロー(Smørrebrød)に似たライ麦パンの上にスモークサーモンが乗ったオープンサンド

北欧のサーモンとはベタ過ぎるほどに定番ですが、それも頷ける美味しさです。とくにライ麦パンとのコンビネーションが最高です。

Sponsored Link

トナカイ肉

ラップランドで食べたトナカイ肉のスープ
サーリセルカのKaunispääにて

トナカイはある種フィンランドを象徴する動物。北部に多く存在し、ヨーロッパ唯一の先住民であるサーミ人の生活とも密接に結びついています。

トナカイはサーミ人にとっては移動手段であり、いざというときの食料でもあります。日本ではおいそれと気軽に食べられるものでもないので、フィンランドに来たらぜひ試してほしいお肉です。

独特の臭みがあって人を選びますが、僕にとっては非常に好みの味でした。

レイパユースト

レイパユースト

レイパユースト(leipäjuusto)は、直訳するとパンチーズ。パンなのかチーズなのかよく割らないけど、たぶんチーズです。

クリスマスマーケットにも売ってる等、冬の時期によくみられる食べ物。正直あまりパンの風味はしないですが、なかなか不思議な食感です。

そのままでも良いですが、フィンランドっぽくクラウドベリーのジャムをかけてみましょう。

クラウドベリー(cloudberry)はベリーが豊富なフィンランドでも希少なベリーで、甘みと若干の酸味がちょうどよくて美味しい。フィンランド語ではクラウドベリーのジャムをラッカヒッロ(lakkahillo)といいます。

クラウドベリーのジャムをこのレイパユーストにかけると、レイパユーストのほのかな塩味とクラウドベリーのすっきりした甘みが引き立ちます。

塩味のものにベリーをかけるのは少し奇妙に感じますが、意外とイケるのでチャレンジしてみてください……!(ちなみに北欧ではミートボール等にもよくベリーソースを使います)

Sponsored Link

マンミ

フィンrん土出はイースターの時期に食べられるマンミ
イースターの時期になるとスーパーでも売られるマンミ。バニラクリームと一緒に食べよう

正直これは「美味しい」の前に「見た目に反して」という文言がつくのですが。

マンミ(Mämmi)は、フィンランドでイースター(フィンランド語でパーシアイネンPääsiäinen)の時期に伝統的に食べられるお菓子です。ライ麦と、ライ麦のモルトから作られています。

非常にエグい見た目に反して、ある意味駄菓子を髣髴とさせる、すこし渋いような、だけど甘みのある不思議な味がします。

ただそのまま食べるよりも、バニラクリームをかけて食べると一層美味しく、そして食べやすくなります。普通のクリームよりもバニラクリームのほうが良いです。

カフェスイーツ!

フィンランド、ことヘルシンキには、おしゃれなカフェがたくさんあります。フィンランドのカフェで食べられるスイーツには美味しいものがたくさんありますよ。

シナモンロール

シナモンロール。Cafe Engelにて
ヘルシンキ元老院広場のCafe Engelにて

フィンランドを含め北欧で広く親しまれているシナモンロール。フィンランド語ではコルヴァプースティ(korvapuusti)と呼ばれます。

カルダモンとシナモンといったスパイスがたっぷり入っていて、想像するよりもかなりスパイシー。お値段は3ユーロくらいだと思いますが、けっこう大きいのでお腹いっぱいになります。

各種ケーキ

ヘルシンキのCafe Andanteで食べたバナナケーキ

フィンランドには、シナモンロールのほかにも数々の菓子パンがあります。

どうやらこの菓子パンというのはフィンランドの文化に深く根付いているようで、祝日に対して1つの菓子パンが宛がわれているほどです。

たとえば2月5日のルーネベリの日(Runeberginpäivää)にはアーモンドや果実の蒸留酒を使ったオシャレなルーネベリントルットゥ(Runebergintorttu)や、パンケーキ・デイとも呼ばれるShrove Thursdayには中身をくり貫いてクリームをつめた甘いラスキアイスプッラ(Laskiaispulla)が食されたりなど。

ラスキアイスプッラは、日本ではスウェーデン語のセムラ(Semla)の方がなじみがあるかもしれませんね。

写真に写っているのは、観葉植物のカフェで有名な、ヘルシンキのプナヴオリ地区にあるカフェ・アンダンテ(Andante)のケーキです。たしかバナナケーキでした。

オーランド諸島のパンケーキ

Smakbynで食べられるパンケーキ
オーランド諸島のレストランSmakbynにて

フィンランド観光の中心地ヘルシンキから少し離れて、こちらはオーランド諸島の食べ物です。

オーランド諸島はフィンランドとスウェーデンの間に浮かぶフィンランド領の群島。パンケーキはここの名物でして、ふっくらとしてほんのり甘いパンケーキに、クリームとベリーのソースがかかったものが典型的。

けっこう重いので、メインを軽めに済ませた後に食べるか、おやつの時間に食べたいデザートです。

Sponsored Link

番外編:勇気をもって試してみて。サルミアッキ

サルミアッキのアイスクリームも。Fazer Cafeにて
ヘルシンキのFazer Cafeにて

「美味しいフィンランド料理を紹介する」という目的の記事ですが、最後におまけとして美味しくないけど食べてみてほしいものを上げようかと思います。

それがサルミアッキ(Salmiakki)。 「世界一まずい飴」としてあまりにも有名な、リコリスというハーブと塩化アンモニウムで作られたお菓子です。食べるとかなり、衝撃的な味がします。

一口にサルミアッキと言ってもかなりの種類があります。もっともポピュラーなチューイングキャンデーのようなものから、砂糖がまぶされたもの、ウォッカに入っていたり、アイスクリームに入っていたりと色々。

なかでもアイスクリームは比較的食べやすいので、最初のとっかかりにはおすすめです。ヘルシンキのFazer Cafeなどでも味わえます。

フィンランドを日本で感じられる場所

リーシケイットの写真。poro珈琲にて

実は日本にもフィンランド料理を楽しめる場所はいくつかあります。

その中で実際に僕が足を運んだのが横浜にある「poro珈琲」。天王寺駅から歩いて数分の場所にあります。

フィンランドに3年間駐在したオーナーが切り盛りしている小さなカフェです。フィンランド風の創作料理から、フィンランドの飲み物だったりと色々楽しめますよ。

 tabibisister.com
Kahvila Poro に何も見つかりません
https://tabibisister.com/kahvila-poro

それから鎌倉の小町には、フィンランド人と日本人のパン職人が運営する小さなパン屋さん、ライ麦ハウスベーカリーがあります。フィンランドの国民食であるライ麦パンやカルヤランピーラッカを、日本で手軽な値段で購入できる珍しい場所です!

ほかにも、ムーミンカフェだったり吉祥寺のカフェMoiだったりと都内にもちらほら。Moiには僕も近々行ってみようと思います(都内でシナモンロールが食べられるのはおそらくここだけなので……!)。

Sponsored Link

まとめ:美味しいフィンランド料理もあるよ!

以上、美味しいフィンランド料理を紹介しました(一部ちょっと例外的だけど)。僕が10ヶ月のフィンランド留学中に全て試したものです。

自分は海外の食事に対してストライクゾーンが広いほうなので、基本的に「マズい」という判断はしない人です。

まあフィンランドに住んでいて期待値が下がった可能性も無きにしも非ず(イタリアに行ったとき、飯がうますぎて普通に感動したし)なので、もしかしたらここで紹介したどれもダメ、という人がいるかも知れません。それはそれでもうしょうがないですね。

しかし百聞は一見に如かず。いやこの場合は一食に如かずですか。実際にフィンランドに足を運んで、ご自身で味わってみられると良いですね。フィンランド料理はまずくないよ!

◆当ブログの人気記事◇