タグ: 筆者のおすすめ Page 1 of 4

英語でレポートを書くのに必要な7つの道具【辞書、教材、ツールなど】

こんにちは。めいげつです。

僕は大学で4年間(留年してるので4年半になりそうですが)英語でレポートを書いてきました。

その過程で、大学での英語ライティングに必要だと感じた7つの道具(辞書、教材、ツール)を紹介します。

続きを読む

レイパユースト

【まずくない】フィンランド料理の美味しいものをあげてみたよ【留学経験者談】

こんにちは。めいげつです。

フィンランド土産についての記事を色々と見ていたところ、ふとこんな記事にたどり着きました。

フィンランド旅行記を楽しく拝読していたのですが、あまりにもフィンランドの食事がまずいまずいと酷評されていたので、ちょっと火がついちゃいました。

僕はフィンランドに留学生として10ヶ月滞在していたので、けっこうフィンランドの食に親しんだ方かと思います。ここでは「まずい」とい言われがちなフィンランド料理の、個人的に美味しいと思ったものをあげてみました。

続きを読む

バスの中で『深夜特急』を読んで、クロアチアとインドを行き来した話

こんにちは。めいげつです。

今回は、読書のすばらしさについてです。

続きを読む

タリン旧市街の写真

ヘルシンキ~タリン間のおすすめフェリーはエッケローライン【低予算向け】

こんにちは。めいげつです。

バルト海(フにィンランド湾)を挟んだフィンランドの隣国、エストニア。その首都タリンは旧市街で有名で、ヘルシンキを訪れる人々の日帰り旅行先として人気です。

ヘルシンキからタリンへは飛行機でも行けますが、どうせならフェリーがおすすめ。いくつかフェリー会社がありますが、今回はそのうちの1つ、バジェットトラベラー向けにEckerö Lineエッケローライン/エケロライン)を紹介します。

続きを読む

ブハラで食べたラグマン。スープ少なめ

中央アジアの食文化!ウズベキスタンに旅行したら食べたい料理6選

ウズベキスタン旅行に際して、「ウズベキスタンって、どんな料理が食べられているんだろう?」とか、「現地でおすすめの料理はなんだろう? 」とか思った方いませんか。

こんにちは。めいげつです。

中央アジアに位置する国・ウズベキスタン。内陸国であるウズベキスタンの料理は、穀類やお肉(特に羊肉!)がメイン。昨年(2018年)9月にウズベキスタンを旅行した僕が、現地で食べたいウズベキスタンの料理を、僕の直感と偏見でランキング形式で紹介します。全部現地で食べたものですよ!

続きを読む

霧の中のトラカイ城

【リトアニア観光】霧に包まれたミステリアスな名跡トラカイ城 in 3月

こんにちは。リトアニアも何気に好きなめいげつです。

リトアニアには、カウナスの杉原ハウスやシャウレイの十字架の丘、規模の大きな美しい旧市街のある首都ヴィリニュスなど有名な観光名所があります。

それらの有名な観光地と並んでもう一つおさえておきたいのが、ヴィリニュスから少し離れたところにあるトラカイ城。中世ヨーロッパのロマンを感じさせる美しい城で、ぜひ足を運んでいただきたい名所です。しかも3月には、まれに深い霧に包まれたミステリアスな城と化します。

以下、実際に現地で撮った写真と観光情報とともにお届けします。

続きを読む

雪に閉ざされた白黒の世界へ。真冬の雪に覆われし十字架の丘【リトアニア・シャウレイ】

こんにちは。めいげつです。

かの杉原千畝が何千もの命をつないだリトアニア。北の大地の荒涼たる雪原を行くと辿り着くのは、何千もの十字架が無言でたたずむ小さな丘。白に閉ざされた世界に、それは突然姿を現します。

今回は旅の記録第4弾。リトアニア・シャウレイの十字架の丘に行ったときの記録です。

続きを読む

留学中に日本語ボランティアをやるべき理由【日本語の維持にも】

こんにちは。めいげつです。

留学中にすべきことってたくさんあると思います。現地の学生と交流する(これはもはや必須)とか、日本人とのかかわりを制限するとか、ひたすら英語(or非英語圏の現地語)を使いまくるとか、旅行をするとか……。

日本ではできないことを体験できるのは、海外留学の醍醐味です。

僕は留学中すべきことの一つとして、「日本語の授業のボランティア(アシスタント)への参加」を推したいと思います。日本語ボランティアはいいことづくめの、留学中にぜひやっておきたいアクティビティです! 以下その理由を紹介します。

続きを読む

【スロバキア観光】山頂にたたずむ古代ローマの城塞デヴィーン城@ブラチスラヴァ

僕の人生には山と海が不可欠。こんにちは。めいげつです。

国土のおよそ割を山に覆われた国日本。そこに生まれ、平地の多いフィンランドで生活していた僕にとって、やはり僕には山のある生活が必要だと感じさせる出来事がありました(フィンランドに住めないという訳ではないのですが)。

それが東欧・スロバキア旅行でした。今回は、そのスロバキア旅行中に訪れた、首都ブラチスラヴァのはずれにある古城デヴィーン城を紹介。古代ローマの面影残る、岩壁の上の渋いお城です。

続きを読む

英語ライティングにはCollocation Dictionaryが欠かせない!

こんにちは。めいげつです。

突然ですが言語とは、世界の切り取り方だと思っています。そしてそれぞれの言語はそれぞれ違ったやり方でこの世界を見て切り取っています。ピースの数や形の異なった パズルのようなものでしょう。

英語に限らず外国語学習で つまずきがちなのがコロケーション。ある名詞を特定の形容詞修飾したり、 ある動詞は特定の副詞と相性が良い。世界の切り取り方が違えばコロケーションも違います。皆さんも英語を書いている/話している時に「自然な言い方がしたい」と思ったことはありませんか。そんな時に役立つのが今回紹介するOxford Collocation Dictionaryです。

続きを読む

Page 1 of 4

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén

© Linna Meigetz 2019