こんにちは。フルーツ入りのアイスティーって美味しさですよね。めいげつです。

今回はウズベキスタン旅行最終日、並びにタシケント滞在の最終日の話。空腹と体調絶不調の中駆け込んだ、タシケントにあるスタバのようなコーヒーチェーンBlack Bear Kofiのレビューです。そこがまるで、砂ぼこりと排ガスにあふれたタシケントの中に密かにたたずむオアシスだったので、ざっくり紹介します!

<記事は広告の後にも続きます>

Black Bear Kofiとは?

Black Bear Kofiはタシケントにあるコーヒーチェーンで、ウズベキスタンのスタバといったところでしょうか。タシケント市内にいくつか店舗があるようです(公式Facebookの地図によれば13店舗ですがもっとあるかも)。

ちなみにウズベキスタンにはスタバはありません。それどころか、マクドナルドもケンタッキーもありません。旧ソ連の構成国でロシアとの結びつきが強いためか、アメリカ資本の企業が参入しにくいということでしょうか。

他の方のブログによればウズベキスタンはそもそも外国籍の企業の参入にかなり厳しいという意見もあります。どちらにせよ見慣れたチェーンを見掛けないのはとても面白いです。

◆ここを訪れた時の旅行記:ウズベキスタン旅行記6~7日目:タシケントふたたび

さて、僕が今回行ったBlack Bear Kofiはタシケント中央駅の近くの、タラス・テェフチェンコ通り(Taras Shevchenko)にある店舗。

この時お腹の調子が悪かったうえにレストラン探しとお土産探しで最強に疲れていたので、このお店を見つけた時の感動は忘れられません(その前にガイドブックに載っていたレストランが2つとも存在していなかったので……)。

発展途上都市のオアシスでアイスティーとサンドイッチを

アイスティーと店の内装

いつも通り写真がピンぼけですが、内装はとても綺麗で、日本にあるカフェとまったく遜色なかったのでとても驚きました。

タシケントを歩き回っていると排ガスの匂いやら砂ぼこりやらで参ってくるので、まるで発展途上の大都市でオアシスに迷い込んだようです。

とりあえず近くにいた店員さんにおそるおそる拙いロシア語で対話を試みたのですが、英語が流暢な店員さんが代わりに来て応対してくれて何とかなりました。結構英語通じるやんけ、ウズベキスタン。

テーブルにつくとタブレット端末を渡されるのでメニューをブラウジング。注文を取りに来た店員さんにこれとこれ、と指さして伝えました。

写真に映っているのはアイスティーで、オレンジなどのカットフルーツが浸かっています。オシャレ過ぎかよ。上手く撮ればインスタに自信満々に投稿できそうです(上手くないけど投稿はしました)。

この前日に行ったUrban Foodというハンバーガーレストランでアイスティーを頼んだ時も同じようにフルーツが浸かったものが出されたので、タシケントで「アイスティー」といえばこういうものなのかもしれません。

アイスティーとサンドイッチ
一体どこにピントが合っているのやら

注文したのは先ほどのアイスティーとビーフのサンドイッチを注文。

サンドイッチは一番安いもののラージサイズ(スモールだとおそらくこの半分程度だと思われます)。お値段は42000スム(590円)。

アイスティーもサンドイッチも結構大きいのでこの値段はとてもお手頃。ですが味はとても良かったです。

アイスティー自体は甘さ控えめですがフルーツの鮮やかな味が、ひんやりと渇いた喉を潤してくれます。サンドイッチもちょうどいい軽さで、お肉もあまり脂っこくなかったのでお腹の調子が悪かった僕にぴったりでした。

<記事は広告の後にも続きます>

テーブルにはスパイスも

手ブレ満載で見づらいけど、スパイスが入った箱です

テーブルにはシナモンやカルダモンなどのスパイスの入った箱があります。

僕はアイスティーを半分くらい飲んでところにシナモンステッキを突っ込んで、少し風味を変えてみました。

おしぼりとペーペータオル。ロゴがかわいいです。

お手洗いも使わせてもらったのですが、広いうえにものすごく綺麗で感激でした。

というのも、その前に使ったチョルスーバザール近くの有料トイレ衛生状態が絶望的なものだったので……

というわけで、以上Black Bear Kofiのレビューでした。もしタシケントでスタバのようなカフェが恋しくなったら、店舗はタシケント市内にいくつかありますので近くのお店にぜひ足を運んでみてください。

お店の外観。公式youtubeより作成
お店の外観。公式youtubeの動画より作成。ああ写真がきれい

Black Bear Kofi
38 Taras Shevchenko Street, Tashkent, Uzbekistan
営業時間:月~土 8:00~23:00
Facebook: https://www.facebook.com/kofiuz
Instagram: https://www.instagram.com/kofiuz/

公式インスタグラムには、ロシア語ですが食べ物とコーヒーのメニューが載っていますので見てみてください(ちゃんと値段も記載されています)!

 

◆ここを訪れた時の旅行記:ウズベキスタン旅行記6~7日目:タシケントふたたび

他のウズベキスタン旅行記はこちら