こんにちは。めいげつです。

暑くなってきましたね。僕が忌み嫌って憚らない日本の夏がやって来ます。猛暑、湿気、大量の汗……、どこか涼しいところに逃避したい気分。

それはそうと2019年6月のpv報告、はじめます。

Sponsored Content

6月のpv数は?

更新は少なかったものの

6月のpv数は、17,310でした!

実はひっそりと19,000pvを目標にしていたのですが、届かずに終わりました。記事の更新を全然していなかったから当たり前っちゃ当たり前ですがね。

しかし前月より4,775も増えたので、更新数が少ない割には伸びがすごいので、少し驚いています。

1日の最高は、なんと1,182pv。うお、普段の倍じゃねえか。

原因ははっきりしてます。それは6月には小さなバズが2回起こったから。

6月に起こった小さなバズ

6月には、小さくとも明らかにバズといえる現象が2度、観測されました。

まず1回目のバズが起こったのが、6月15日。

この日はTBS系列の「世界ふしぎ発見!」で、ウズベキスタンを取り扱った回が放送されました。

実は私は昨年2018年の9月にウズベキスタンを訪れておりまして、ウズベキスタンに関するコンテンツがいくつかあります。

「ふしぎ発見」が放送された直後からどうやらものすごい数の人々がウズベキスタンについて検索したらしく、当時ウズベキスタン関連キーワードで1位をとっていたこの記事が1日で260pvを記録しました。テレビってすげーな。

これが1回目のバズ。この流れに少し遅れて高田馬場のウズベキスタン料理店についての記事を宣伝したところ、こちらもよく読まれました。

そして2回目はツイッター関連。読まれたのはこのクロスドミナンスについての記事です。

その要因と思われるのがどうやらこちらのツイート。

このツイートが拡散されたおかげで「クロスドミナンス」がトレンド入りし、Google上の検索数が跳ね上がり、さして上位でもなかった(1ページ目ではあるけれど)この記事もよく読まれるようになりました。

なんとこの記事だけで1日で599pvを稼ぎ出し、その日のpv数は1,182にもなりました。普段の倍ですよ……恐ろしい。ツイッターってしゅごい。

以上が6月に起こったバズです。2つともSNSでの拡散でなく直接的には検索流入によるものでした。

なのでSNSのバズに比べたら大したことないかも知れませんが、それでも突然PVが爆上がりすると恐怖を覚える反面、嬉しくもあります。

しかしこれはあくまで一時的なものなので、引き続き読者様の役に立つような、あるいは面白いと思ってもらえるような(あるいは両方)コンテンツを作っていこうと思います。

6月の人気記事は?

そして毎度恒例の人気記事トップ10を発表します。

  1. ネーミングに使える!フィンランド語のかわいい単語集+α……3,593PV
  2. 〇〇利きとは違う第4のカテゴリ、クロスドミナンス【両利きではない】……1,460PV
  3. フィンランド語は難しい言語か否か?……912PV
  4. フィンランド語の雪を表す11種類の単語……908PV
  5. 【難易度世界一?】日本語は語彙数が多いっていわれるのはなぜ?……898PV
  6. ウズベキスタン旅行の旅費(概算だけど)をまとめてみた……567PV
  7. フィンランド語学習にヘッドスタートを。初学者におすすめの教材を紹介!(独学用)……516PV
  8. ECTSとは?ヨーロッパに大学留学するなら知っておきたい共通単位制度の基礎知識……378PV
  9. もはや親戚?フィンランド語と日本語の似ている点と似てない点……364PV
  10. フィンランドがおすすめな留学先である6つの理由……323PV

やはりバズが起きた記事が上位に食い込んできました。それ以外のメンツはあまり変わらずですね。

それでは、今度ともよろしくお願いいたします!