こんにちは。めいげつです。

多言語学習を趣味にしている僕ですが、この度第5外国語としてドイツ語の学習をスタートしました。

現在は初級文法を終えてインプットに励んでいる段階なのですが、ここまでの学習で感じたことを書きとどめます。

<記事は広告の後にも続きます>

ドイツ語を始めた背景

ニュルンベルクの街並み
bboellinger / Pixabay

ドイツ語を始めたきっかけは、 2月末から3週間ほど予定している南独旅行です。

南ドイツ中心にドイツ国内の5都市を回る予定です。南ドイツの都市と言えばミュンヘンですが、ミュンヘンには2年前に行ったため今回はノータッチです。あとノイシュヴァンシュタイン城にも行きません。

ドイツ国内のほか、周辺国(チェコ、ベルギーにも足を伸ばそうと考えています。

今までいくつかのヨーロッパ言語に手を出してきて、もちろんドイツ語にも前々から興味はありました。それで今回せっかくドイツに行くならとドイツ語を始めることにしたのです。

学習方法

辞書の「grammar」のページ
PDPics / Pixabay

学習方法として、ざっくりと言えば以下の通りです。

  1. いつも通り初級文法をガーっと終わらす→済
  2. とりあえずインプットしまくる。並行して単語学習する。
  3. 会話練習する

文法の教材と単語帳

初級文法はとりあえず一周しました。学習に使ったのは東京外国語大学の言語モジュールのドイツ語。インターネット上で無料で使える上、文法の細かい説明からエクササイズまであるので重宝しました。これを終えるのに1ヶ月半ほどかかりました。

その前にも、GermanPod101.comのYouTubeチャンネルの「3分シリーズ」に目を通していました。

単語学習もしばらく前から始めています。使っているの単語教材は研究社の『最効率! 例文で覚えるドイツ語単語』。大きく書かれた単語が並びそのそれぞれに例文がついている従来の単語帳とは異なり、まず最初に例文があってその下に文中でに出てきた単語が並んでいる感じです。

単語帳じたいは図書館で借り、音声は研究社のホームページでダウンロードしGoogleドライブに保存しました。これでどのデバイスからもアクセスできます。

ここまでドイツ語学習にかけたお金はゼロです。ノートとかペンにすらお金をかけていません。

ただ、初級文法を終えた割には正直表現が貧弱すぎる感じが否めないので、ニューエクスプレスも一周するのも良いかなと思います。

インプット用の教材

インプットも単語帳含めてすでに始めていて、今はTeach Yourselfシリーズから出ている『Short Stories in German for Beginners』をちびちび読んでいます。上で挙げた教材で初級文法を終えたレベルなら、知らない単語はかなりあるもののゆっくり着実に、かつ楽しく読むことができます。

公式サイトから購入すると10.99ドル≒約1,203円ですが、Kindle版だともう少し安く購入できます。

僕はPolyglot Conferenceに参加した時半額のコードを受け取っていたので、公式サイトから半額で購入しました。ただ、アプリの動作が悪く正直読みづらいので、紙の書籍かKindle版のほうが良いかと思います。

リスニングは、先ほど挙げたGermanPod101.comのリスニング動画とか、Easy German(こちらもYouTubeチャンネルです)の動画を見ています。ただEasy Germanは字幕付きなものの全然イージーじゃないので、まあちょっとずつ……

<記事は広告の後にも続きます>

ドイツ語ってどんな言語?

ドイツ語の単語
photosforyou / Pixabay

ドイツ語は、インドヨーロッパ語族のゲルマン語派、西ゲルマン語群というグループの言語です。ゲルマン語と呼ばれる言語の中では英語に次いで人口が多い言語ですが、EU内に限って言えば英語を抜いて話者数が一番多いのです。ただし、「ヨーロッパ」にロシアを含めればロシア語の方がでかいけど。

ドイツ語を公用語にしている国はドイツ、スイス、オーストリア、ルクセンブルク、リヒテンシュタイン、ベルギーの6ヶ国。その他、周辺にドイツ語話者のコミュニティがある地域もあり(チェコやハンガリーなど)。基本的にはヨーロッパのみで話されていると言えば間違いないかな。

僕は詳しくはあまり知りませんが、ドイツ語は方言差が大きい言語のようで。モーゼル・フランケン方言とかバイエルン方言とかなら聞いたことがありますが、方言によっては意思疎通が困難なこともあるようです。

あとはオーストリアやスイスのドイツ語はかなり標準ドイツ語と乖離しているという噂です。

文法は次の項目でも述べますが、ルールがかなり複雑です。名詞には男・女・中の3つの性があり、名詞が格変化する、動詞が主語の人称によって変化する、などの特徴があります。

ドイツ語って難しい?

机の上に積まれた洋書の写真
Rousseau / Pixabay

難しいです。なんといっても文法ルールが多すぎる。難解なことで有名なフィンランド語を勉強したことのある僕にとっても多いと感じます。正直ロシア語より複雑なんじゃないか?

初級文法を終えてみて特にタイヘナと思ったのが、格変化、形容詞の変化、分離動詞、そして複数形です。

  • 格変化:フィンランド語やロシア語みたく単語そのものではなく、定冠詞や所有形容詞で格変化を表す。ただし、単語そのものが変化することもある(属格とか、Studentなど)。
  • 形容詞の格変化:フィンランド語やロシア語みたく格の一致は当然ある。ただ「定冠詞がある場合」「不定冠詞がある場合」「冠詞がない場合」の変化に微妙な違いがある。
    • リーディングでは多少慣れてきたものの、ここを間違いなく話せるようになるのは何年後のことになるやら。
  • 分離動詞:一部の動詞が前半と後半に別れ、前半の方が文の最後に行っちゃう現象。
    • anrufen「電話をかける」を使って「18時に私はあなたに電話をかける」とすると、Ich rufe dich um 18 Uhr an。ただし従属節の中など、分離しない場合もある。
  • 複数形:作り方が多様過ぎる。形が変わらないやつ、nをつけるやつ、erをつけるやつ、ウムラウトがついたりつかなかったりなど。

ドイツ語の単語は、英語の単語と似ているものもあり、全然違うものもあり。英語とフランス語を学んだ身としては、英語におけるラテン語由来の語彙とゲルマン語由来の語彙の違いを再認識できて面白いです。

「ドイツ語は古い文法を保っている」と歴史言語学の先生が事あるごとにお勧めしてたのですが、自分は文法という点よりも語彙の由来という点で興味深かったです。

<記事は広告の後にも続きます>

まとめ

ドイツ語は前々から始めようか始めまいか迷っていた言語だったので、ドイツ(+数ヶ国)旅行というきっかけができたのは非常に嬉しく思います。

まあ2月末まではあと2ヶ月ちょっとなのでどこまで行けるか分かりませんが、まあそれなりに助けになればなあと思います。

前にウズベキスタンに行ったときは、ロシア語をあまり真面目に勉強していなかったもののある程度使えたので、ちゃんとやればその分役に立ってくれるんじゃないか、という甘い期待を抱いております。。。