Revontulia

語学と旅行がテーマの個人ブログ[レヴォントゥリア]

カテゴリー: 乱読メモ Page 2 of 3

ヘッセ『ペーター・カーメンツィント』―人は皆故郷に焦がれるのだろうか?

読書感想文第6弾。「乱読メモ」としては第2弾。

「乱読メモ」と題したものの、最近は「ドイツ」「宗教」「ヘッセ」にテーマを絞って本を読んでいる。2月末から予定しているドイツ~チェコ~ベルギー旅行に行く前に、予備知識を備えておこうという算段。

今回はヘルマン・ヘッセ著『ペーター・カーメンツィント』を読んでみたのでその感想を簡潔に書こうと思う。ネタバレあり。

『みんな彗星を見ていた』潜伏キリシタンと世界遺産

カテゴリー名「読書」改め、「乱読メモ」にしました。ここでは僕が最近読んだ本についてつらつらと書いていきます。今回はその第一弾。

「乱読」と言いつつ最近は少しテーマを絞って読んでいるのは内緒。主に歴史(特にヨーロッパ)や宗教について読むことが多いかな。

今日紹介するのは、星野博美著『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』です。

オーロラ(revontulet)の写真

カレワラのストーリーから背景まで完全網羅した入門書があった【Kalevala Guide】

北欧フィンランドには、『カレワラ』という固有の民族的叙事詩があります。

宝石店や砕氷船などあらゆるもののネーミングにこの『カレワラ』由来の単語が使われるなど、『カレワラ』はフィンランドの生活に根付いています。

その『カレワラ』を知るためにはぴったりの本がフィンランドにありました。イルマ=リーッタ・ヤルヴィネン(Irma-Riitta Järvinen)著、『カレワラ・ガイド(Kalevala Guide)』です。ちなみに英語の本です。

バスの中で『深夜特急』を読んで、クロアチアとインドを行き来した話

こんにちは。めいげつです。

今回は、読書のすばらしさについてです。

カウナスの旧市庁舎広場

消滅した国家リトアニアで、青年が100年前に夢見た日本【読書レビュー】

こんにちは。めいげつです。

今から150年ほど前、日本は明治維新を経験し西欧を目標とした近代化政策を推し進めました。1905年には北の大国ロシアに戦争を挑み、様々な戦略が功を奏し辛くも勝利を収めました。

ロシアに対する極東の小国の勝利に沸いたのは何も日本だけではありません。ロシアの征服下にあった様々な民族の人々も、同じように日本の勝利に勇気づけられたのです。

その日露戦争の意外な結果に沸き立つ中、バルト海沿岸のリトアニアに、遠く離れたこの異国を思い1冊の本にまとめた人がいます。それがステポナス・カイリース。今回紹介する本の主人公です。

Page 2 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén