こんにちは。めいげつです。

日本から一番近いヨーロッパの国、フィンランド。人口500万人程度の小さな国ですが、不思議なみろくがたくさん詰まった国でもあります。

ここでは「フィンランドといえば・・・」を体現したフィンランド語の単語たちを紹介しています。「サウナ」「キートス」「モイ」「ウニッコ」だけじゃないフィンランド語の世界を少しのぞいてみましょう。

<記事は広告の後にも続きます>

sisu(シス):不屈のフィンランド魂

スノーシューズトレッキングしている人の写真
adege / Pixabay

sisuとは、「忍耐」や「不屈の精神」を表す言葉です。

フィンランドは北緯60度以上の超・高緯度にある国。当然、冬の期間は寒く厳しい環境にあるので、おのずとフィンランド人の中には忍耐強い精神が育まれていったのでしょう。

歴史的にも、sisuを重要な出来事があり、それが第二次世界大戦の頃。当時貧乏な小国に過ぎなかったフィンランドが超大国ソヴィエト連邦との「冬戦争」や「継続戦争」を生き延びたのも、このsisuがあったからとも言われています。

青森出身で外務省で働くとある方は、このsisuを津軽人の「じょっぱり精神」になぞらえています。

余談ですが、Sisuという名前のサルミアッキ系のお菓子があったりします。ぜひお試しあれ。

日本語の数字・数詞が難しいワケ。西洋語とこんなに違う

英語でレポートを書くのに必要な7つ道具【辞書、教材、ツールなど】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です