こんにちは。めいげつです。

フィンランドとスウェーデンは隣り合った国どうし。この地理的条件や、フィンランドがスウェーデンの一部だった歴史もあって、両国は文化的に非常に似通っています。

しかし言語を見てみると事情は全く変わります。フィンランド語とスウェーデン語は隣り合った言語なものの、実はお互い全く似ても似つかない言語なのです。こちらではフィンランド語とスウェーデン語の主な違いを紹介します。

<記事は広告の後にも続きます>

フィンランド語は祖先が違う

フィンランドの国旗
OpenClipart-Vectors / Pixabay

スウェーデン語はインド・ヨーロッパ語族

まず、スウェーデン語はインド・ヨーロッパ語族という言語グループに属する言語です。この語族というのは、同じ祖先をもつ言語の集まりです。つまり、メジャーなヨーロッパ言語(英語、フランス語、ドイツ語)と同じグループ。

インド・ヨーロッパ語族はその名の通り西はヨーロッパ、東はインドまで広がっている言語のグループです。あのヒンディー語やウルドゥー語、ペルシャ語、スリランカのシンハラ語もインド・ヨーロッパ語族です。

これらの言語は、単語が変化するパターンなど実は似通った部分が多いんです。具体的には名詞の格変化、動詞の人称変化など。ヨーロッパの言語なら、はラテン語やギリシャ語由来の語彙が多かったりします。

さらにインド・ヨーロッパ語族はいくつかのグループに分かれていて、スウェーデン語はそのうちのゲルマン語派というグループ。英語やドイツ語も同じゲルマン語なので、スウェーデン語はこの2言語にものすごく似ています。試しに文章を比べてみましょう。

<世界人権宣言第一条スウェーデン語版>

Alla människor är födda fria och lika i värde och rättigheter. De har utrustats med förnuft och samvete och bör handla gentemot varandra i en anda av gemenskap.

< 世界人権宣言第一条ドイツ語版 >

Alle Menschen sind frei und gleich an Würde und Rechten geboren. Sie sind mit Vernunft und Gewissen begabt und sollen einander im Geist der Brüderlichkeit begegnen.

世界人権宣言第一条英語版

All human beings are born free and equal in dignity and rights. They are endowed with reason and conscience and should act towards one another in a spirit of brotherhood.

良く知られた話かと思いますが、スウェーデン語はほかの北欧の言語とも似通っています。そちらは別記事にて詳しくまとめましたのでどうぞご覧ください。

フィンランド語はウラル語族

スウェーデン語はインド・ヨーロッパ語族のゲルマン語はというグループの言語であると書きました。一方フィンランド語はウラル語族。つまりインド・ヨーロッパ語族とは祖先が異なるわけです。

ウラル語族は、ロシア東部の「ウラル山脈」あたりに祖先をもつと言われます(なので「ウラル」語族と呼ばれるのです)。

ウラル語族の言語たち西はフィンランドやハンガリー、東はロシア中部まで広がっています。南のインド・ヨーロッパ語族、北のウラル語族といったところでしょうか。

フィンランド語とスウェーデン語の単語をいくつか比べてみましょう。

単語フィンランド語スウェーデン語
ihminenmänniska
子どもlapsibarn
電話puhelintelefon
空港lentoasemaflygplats
サッカーjalkapallofotbol
伝統perintötradition
大学yliopistouniversitet
新しいuusiny
赤いpunainenröd

フィンランド語の人権宣言を上のスウェーデン語・英語・ドイツ語版と比べてみても、いかにフィンランド語がゲルマン語たちと違うかが分かります。

<フィンランド語サンプルテキスト>

Kaikki ihmiset syntyvät vapaina ja tasavertaisina arvoltaan ja oikeuksiltaan. Heille on annettu järki ja omatunto, ja heidän on toimittava toisiaan kohtaan veljeyden hengessä.

スウェーデン語は文法がシンプル!

スウェーデンの国旗
PaulMoore / Pixabay

文法については、フィンランド語もスウェーデン語も学んだことのある僕の印象をお話しします。

まずフィンランド語に比べて、スウェーデン語は文法がシンプルです。文法がシンプル=語形変化などのルールが少ないと考えて頂いて構いません。

たとえばkrona(クローナ、スウェーデンの通貨)という名詞は主格と所有格(属格)の2つの格があって、単数形と複数形、そして不定形と定型があります。

ちなみに、スウェーデン語では定型(英語で言うtheがついた形)を語形変化で表します。tåg「電車=train」なら、a trainならtågだけどthe trainはtåget、といった感じです。

名詞の変化形の数は8です。名詞には2つの性(通性、共性)があり、形容詞が性にあわせて変化するけど、それも2つの性の形と複数形の3つがあるだけ。

スウェーデン語の動詞はフランス語やドイツ語とは違い、主語の人称で変化しません。たとえばgå「行く」という動詞なら、主語が「私」だろうが「あなた」だろうが「彼ら」だろうが全部går。とてもシンプルです。過去形、完了形、受動態もあるものの、どれも人称変化しない

しかしフィンランド語は違います。

フィンランド語は名詞の格変化がえげつない。格だけで13種類あって、それにプラス単数と複数の違いがあります。スウェーデン語に不定形はフィンランド語にはありません。

たとえば、ウィクショナリーのページ(別窓で開きます)にあるkoira「犬」という名詞の変化表を見てみてください。その数に圧倒されるかと思います。

ただ規則的なので一度覚えちゃえば楽なのも事実。ただasiakas「客」→asiakkaalle「客に」みたいに語幹をちょっと換えるのもあるのがちょっと大変ですが。

フィンランド語も動詞は人称変化します。もちろん過去形とか完了形もあります。mennä「行く」なら、menen「私は行く」、menet「あなたは行く」、menemme「私たちは行く」という風に変化します。

形容詞は名詞の格と同じ形になります。これもスウェーデン語にはないものです。Japanilainen mies「日本人男性」を「日本人男性の」にするとき、単にmiesを属格(所有格)にするだけでなくJapanilainenも属格にしなければなりません。つまりJapanilaisen miehen「日本人男性の」になります。

……等々。フィンランド語文法の複雑さを分かって頂けましたでしょうか。

<記事は広告の後にも続きます>

フィンランド語は発音がシンプル!

グラスの写真
matthiasboeckel / Pixabay

文法が複雑な一方、フィンランド語の発音は比較的シンプルです。

フィンランド語の母音の数はスウェーデン語と同じだけれど、子音の数が少ない。音素が少ないとされがちな日本語より少ないのです。

フィンランド語はもともと、有声子音(発音する時ノドが震える子音)がほとんどない言語。つまりガ行、ダ行、バ行がありません。有声子音以外でも、チャとかシャ等の音もない。

子音が少ないだけでなく、音節の構造もシンプル。日本人の英語学習者を悩ませる「子音の連続」もかなり少ないです。英語だとscrewとかstrengthのように頻繁に2~3つの子音の塊が現れます。フィンランド語だと、そういった子音の連続はpresidenttiとかtreffitなどの比較的新しい外来語にしかありません。

大昔にスウェーデン語から入ってきたglas「ガラス」、skola「学校」、spiegel「鏡」みたいな単語はそれぞれlasi、koulu、peiliになってる。

それに母音の頻度も高くて、例えばtietokone「パソコン」とかjääkaappi「冷蔵庫」それぞれ対応する英単語と比べてみてください。

逆にいうと、スウェーデン語の発音は英語並みに複雑。

まず子音の数がフィンランド語より多い。フィンランド語にはなかったガ行、ダ行、バ行、そしてシャの音もスウェーデン語にはある。

スウェーデン語には英語にあるような子音の連続がたくさんある。strumpor「靴下」とかflygplats「空港」とか。ちなみにフィンランド語ではそれぞれsukat、lentoasemaといいます。スウェーデン語よりもこちらの方が発音しやすいのではないでしょうか。

もちろん話者数も違う

3つのピンク色のマカロン
pixel2013 / Pixabay

最後に、フィンランド語とスウェーデン語は、それぞれを母語とする人の数にも大きく違いがあります。

フィンランド語の話者数は500万人で、フィンランドの人口とおおむね一致。つまりフィンランド語を母語とする人は、ほとんどフィンランド国内に住んでいます。公用語にしているのも、フィンランドのみです。

一方スウェーデン語は北欧最大の言語で、話者が1000万人ほど。スウェーデンとフィンランドの両方の公用語になっています。単純計算でフィンランド語人口の2倍はいるわけです。

北欧の言語というと、「どの言語を学んだらいいのか?」という話になります。スウェーデン語とフィンランド語ではどちらが良いでしょうか。

上でお伝えした内容を総合して考えると、「特に好みがないならスウェーデン語がおすすめ」という結論になります。単純に話す人の数が多いし、デンマーク語やノルウェー語など親戚関係にある他の北欧の公用語(フィンランド語以外)へもつなげやすいから。

ただ、「どうしてもフィンランド語をやりたい」というならフィンランド語をやりましょう。その方がモチベーションが保てるはず。言語学習は継続が命なので、モチベーションを失ったら終わりです。

北欧の言語なら何でもいいというなら、スウェーデン語をおすすめします。

<記事は広告の後にも続きます>

まとめ

いかがでしたでしょうか。以上、フィンランド語とスウェーデン語の違いを端的にご紹介しました。

フィンランドとスウェーデンはお互い隣り合った国。文化にもかなり似たところがあるように感じます。それなのに、言語にはこれだけ違いがあるのですから、不思議なものですね。

もし「フィンランド語を学びたい!」という方がいらっしゃましたら、初学者向けの教材を紹介しているのでぜひご覧ください。

MemoryCatcher / Pixabay