月別: 2019年1月 Page 2 of 3

【日芬国交100周年】日本とフィンランドの交流が垣間見られる8つの事実

こんにちは。めいげつです。

日本がフィンランドの独立を承認したのは1919年の5月23日。平成と言う時代が終わる今年2019年に、日本とフィンランドの国交樹立から100周年を迎えます。

ヨーロッパの日本とも呼ばれ、日本と似ているとも言われるフィンランド。とはいえ両国は大国ロシアの東と西。時差も7時間あり、文化や言語、社会制度や生活習慣など様々なところに違いがあります。

そんな遠く離れた日本とフィンランドの間にも、歴史の中で、そして現在でも意外なところでつながりがみられます。それでは順を追って見てみましょう。

続きを読む

雪に閉ざされた白黒の世界へ。真冬の雪に覆われし十字架の丘【リトアニア・シャウレイ】

こんにちは。めいげつです。

かの杉原千畝が何千もの命をつないだリトアニア。北の大地の荒涼たる雪原を行くと辿り着くのは、何千もの十字架が無言でたたずむ小さな丘。白に閉ざされた世界に、それは突然姿を現します。

今回は旅の記録第4弾。リトアニア・シャウレイの十字架の丘に行ったときの記録です。

続きを読む

英英辞書の1ページ

英語版ウィキペディアは多読におすすめの教材【中級者向け】

こんにちは。めいげつです。

日本人の英語が伸びない理由の1つに、「ネイティブ向けの英文に触れない」ことが度々あげられます。日本人向けのリーディング教材を使うのも悪くはないのですが、非ネイティブが書いたものに終始していると、表現力の観点で頭打ちになってきます。

なら何を読めばいいのさと思うでしょう。お金を掛けたくない人もいるでしょう。でも身近なところにありますよ。ネット上にある無料の、質の高い英文を読めるウェブサイトが。

続きを読む

留学中は日本語ボランティアをやるべき【日本語の維持にも】

こんにちは。めいげつです。

留学中にすべきことってたくさんあると思います。現地の学生と交流する(これはもはや必須)とか、日本人とのかかわりを制限するとか、ひたすら英語(or非英語圏の現地語)を使いまくるとか、旅行をするとか……。

日本ではできないことを体験できるのは、海外留学の醍醐味です。

僕は留学中すべきことの一つとして、「日本語の授業のボランティア(アシスタント)への参加」を推したいと思います。日本語ボランティアはいいことづくめの、留学中にぜひやっておきたいアクティビティです! 以下その理由を紹介します。

続きを読む

サウナ用の水を入れるための桶と柄杓

フィンランド語のサウナ用語集

こんにちは。めいげつです。

「サウナ発祥の国」と呼ばれるフィンランド。人口530万に対してサウナは200万と、人口の半分に迫るほど多くのサウナがあります。

サウナはホテルにも、コテージにも、アパートにも。サウナはフィンランドの生活に根付いており、それはフィンランド語のサウナ関連語彙の多さにも反映されています。

全てがサウナだけの単語という訳ではありませんが、サウナに行くときに役立つかもしれない単語集です。

続きを読む

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén