語学と旅行好きの個人ブログ[レヴォントゥリア]

タグ: ドイツ Page 1 of 3

行ってみて圧倒的印象を受けたヨーロッパの世界遺産6ヶ所

こんにちは。めいげつです。

僕は今までに、ヨーロッパの国20ヶ国を訪れました。

スペインやフランスなどのポピュラーな西ヨーロッパではなく、北欧や東欧を中心に行きました。小さい国が多かったですね。

目的地は世界遺産だったり、世界遺産じゃなかったり。世界遺産だからといってその場所が優れているわけでもありませんが、やはり世界遺産と聞くとなんだか特別な印象を抱きます。

この記事では、僕が今までに訪れた20ヶ国のヨーロッパ諸国で、圧倒的な印象を焼き付けた6ヶ所の世界遺産を紹介したいと思います!

ダッハウの元強制収容所を訪れた時のことを思い返してみる

こんにちは。めいげつです。

数年前に南ドイツのミュンヘンを訪れた際、近隣のダッハウという都市にある元・ナチスドイツの強制収容所を訪れる機会を得ました。

その時のようすと、それから考えたことをここでまとめました。写真の枚数は少ないけれど、現地がどんなようすなのかを見てみたい方にどうぞ。

ミュンヘンから日帰り◇湖とお城の町プリーン・アム・キームゼーを観光

こんにちは。めいげつです。

数年前にミュンヘンに滞在した時、日帰り旅行先として、湖のほとりにある小さな町、プリーン・アム・キームゼーを訪れました。

プリーン・アム・キームゼーは、湖と森、そしてバイエルンのメルヘン王が建てたお城のある町。そこで街歩きした様子を、写真でお届けします。

世界遺産と燻製ビールの街!ドイツ・バンベルクの観光情報まとめ

ヨーロッパを訪れる人のお目当てのひとつが、中世の時代から残る街並み。

迷路のように入り組んだ路地、カラフルな石造りのメルヘンチック家々は、違った文化で育った私たちを魅了してやみません。

ヨーロッパにはそのような都市がいくつかありますが、今回は美しい街並みの割にあまり知られていない、ドイツ・バイエルン州に位置する都市バンベルクを紹介します。

世界遺産に指定されている中世の街並みから独特の燻製ビールまで。ぜひご覧ください。

ニュルンベルク一人旅は大満足。街歩きした感想と観光のポイント

こんにちは。めいげつです。

ドイツ・バイエルン州の都市ニュルンベルク(Nürnberg)。中世を思わせる街並み、ナチスと第二次大戦での破壊の歴史など多様な風貌をもつ都市です。

たくさんの見どころがあるニュルンベルクを一人旅で街歩きした感想と、ニュルンベルク観光のポイントをまとめました。

Brauhaus Sionのケルシュ

ケルンのBrauhaus Sionで、ケルシュとカリーヴルストの最高のコンビを味わった。

こんにちは。めいげつです。

ケルシュは、ドイツ第4の都市ケルンで伝統的に作られてきた地ビール。香りがよく飲み口も爽やかなビールです。

そのケルンの市街地にあって、ケルシュを出しているお店の一つがBraushaus Sion(ブラウハウス・ジオン)。ホテルなどが多くひしめく地区にある、便利な立地のビアホールです。

【ドイツ】ケルンのFrüh am Domでケルシュと美味しいチーズをつまんできた

こんにちは。めいげつです。

ドイツ第4の都市ケルンで伝統的に作られているビールが、ケルシュ(Kölsch)というビール。ケルンを訪れたら、ビールに慣れていない人でもぜひ試してほしい地ビールです。

ケルン市街地に合って、ケルシュを出しているお店の一つがFrüh am Dom(フリュー・アム・ドーム)。大聖堂のすぐ近くにあるビアホールです。

【ドイツ】ケルン大聖堂に圧倒され、ビールを楽しみ、チョコレートを学ぶ

こんにちは。めいげつです。

ドイツ第4の都市ケルン。古くから司教都市としての歴史があり、町のランドマークたるケルン大聖堂は、世界最大のゴシック様式の教会としてあまりにも有名。

今回は、その世界遺産の大聖堂を擁するケルンでの2泊3日の滞在記です。

ハイデルベルク~ケルン:ライン川に沿って電車旅

こんにちは。めいげつです。

ハイデルベルクからケルンまで電車で旅しました。途中から線路がライン川に沿って走るようになり、有名なライン川のお城や町を観ることが出来たので、その記録を書き残しておきます。

【ドイツ】カルフのヘルマン・ヘッセ博物館で彼の人生を知る。

こんにちは。めいげつです。

ノーベル文学賞を受賞したドイツ出身の作家ヘルマン・ヘッセと、その故郷カルフ(Calw)。バーデン・ヴュルテンブルク州のシュヴァルツヴァルト=黒い森周辺にあるこの町は、風光明媚な田舎町でした。

この度カルフで、ヘルマン・ヘッセの生涯について学べる博物館に行ってきました。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén