こんにちは。めいげつです。

非常に保存状態の良い中世の街並みが楽しめるエストニアの首都・タリン。そこには、中世都市ならではの、絶対に行っておきたいカフェがあります。

その名もDannebrog(ダンネブログ)。なんとこのカフェ、タリン旧市街を囲む城壁の中にあるカフェなんです!

中世の時代に町を守る兵士たちが歩き回っていたであろう城壁の回廊でのんびりコーヒーとお菓子を楽しむことのできる、とても珍しいカフェです。写真をあさってみたらたまたま写真がたくさんあったので、シェアしますね。

タリン旧市街を丘の上から眺めた写真。

筆者がここを訪れたのは2016年の9月と2017年3月なので現在は変わっているところもあるかもしれません。

◆関連記事◇

<記事は広告の後にも続きます>

タリン旧市街の城壁の中にあるカフェ

城壁カフェDannebrogがあるのは、タリン旧市街の、「短い脚」という名前の上り坂を上った先、トームペアの丘の上にあります。

「キーク・イン・デ・キョク(Kiek in de Kök)」という名前のずんぐりした砲塔があるのですが、そのすぐ近くです。タリン旧市街を見渡せる小高い丘を、ぐるりと囲む城壁の中にあります。

dannebrogを遠巻きに撮った写真

↑の城壁のオレンジ色の屋根の真下に階段があるのが見えますでしょうか(小さくてとても見えづらいですが……)。その階段がカフェの入り口です。

城壁の上部にある回廊の右側、ちょうど木で隠れているあたりにカフェがあります。

「Dannebrog」の入り口
「Dannebrog」の入り口。この急な階段を登る

城壁にあるカフェなので、階段を上っていかなければなりません。これがもの凄く急で一段一段がかなりデカいので(高いというよりデカい)、充分注意して登らないと後ろにひっくり返りそうになります。

「Dannebrog」の階段を上からのぞいた写真

非常に分かりにくいですが、これでどれくらい急なのか分るでしょうか。幸い手すり代わりに鎖が設置されているので、きちんと掴まりながら登っていきましょう……

「Danneborg」の階段の踊り場にある宝箱

ダンジョンよろしく、宝箱みたいな箱も置いてあります。こんな序盤にある鷹箱ならたぶん貴重なお宝は入ってなさそう(何の話)。

中世ヨーロッパ都市の城壁でコーヒーブレイク

「Dannebrog」入り口近くの写真

見事階段を登り切り、城壁のテラス席に出ました。

カフェ入り口すぐ近くの写真

ここからがテラス席です。カウンターはこのずっと奥。

「Dannebrog」のテラス席の写真
「Dannebrog」のテラス席

ふと後ろを振り返ってみる。中世の時代にはここを兵士たちが走り回ったり、街の様子を観察したり、仲間同士で色んな話をしたのでしょうか。とてもロマンを感じます。

デンマーク国旗のような布が掛かっているのは、タリンという町がデンマーク人によって建てられた歴史があるから。「タリン(Tallinn)」という名前には、「デンマーク人の町」という意味があるそう。

テラスから身を乗り出して撮った写真

ちょっと身を乗り出して撮ってみました。当然ですがかなりの高さがあります。

こうして見ると、中世の城壁にいるという実感が湧いてきます。

カプチーノとケーキの写真

カプチーノを一杯と、ココナッツのついたケーキを頂きました。味はまあまあ。これで1000円(帰国後家計簿アプリの通貨設定を円に直しました)だったので当時のレートでユーロに直すと8.8ユーロくらいですかね。観光地でさらに城壁の上となるとかなり割高です。ケーキは種類がたくさんありましたし、飲み物もコーヒーだけでなくビールやワイン、それにエストニアを代表するリキュール「Vana Tallinn」も飲めるみたいでした。

テラス席からの眺め

もちろん眺めもばっちり。

中の席もあったのですが僕たちは利用しなかったので、カウンター含めて中の写真は撮りませんでした。他にも日本人の方が何人か行っているようなのでそちらのレビューも参考にしてみてください(このサイトとかこのサイトとかこのサイトとか)。

◆関連記事:ヘルシンキのお気に入りのカフェを3つ紹介する◇‍

<記事は広告の後にも続きます>

最後に:タリン旧市街はお洒落なカフェの街

いかがでしょうか。今回はエストニアのタリン旧市街の城壁カフェを紹介しました。

このカフェは何というか、質の良いコーヒーやお菓子を求めていくというより、城壁でゆっくりするという非日常体験を求めて行く場所、といった感じの場所でした。

ちょっとお値段張ったけれど、城壁の中にあるカフェという珍しい場所で一休みできたのでとても満足でした。

城壁というと入場料を取って観光地にしそうなものですが(クロアチアのドゥブロヴニクのように)、カフェにしてしまうとは、この憎めないセンスですね。

タリン旧市街には、今回紹介した城壁カフェの他にも、おしゃれなカフェがたくさんあります。1864年創業のエストニア最古のカフェ、マイアスモック(Maiasmokk)なんかもおすすめです。

Café Dannebrog
Lühike jalg 9, 10130 Tallinn, Estonia