こんにちは。めいげつです。

先日ふと思ったのが、日本語を学んでいるフィンランド人学生で「フィンランド」を「フィンランド(ンとラに高いトーン)」と発音する人が多いということ。常に第1音節にアクセントが来るフィンランド語話者にとっては「フィンランド(フィに高いトーン)」の方が発音しやすいだろうになーと不思議に思っていました。

そしてこの前、なんとなく腑に落ちる答えを考えついたのでシェアしたいと思います。「フィンランド」の発音って他の「~ランド」系の国名と比べて少し変わっているんです。

◆関連記事◆

<記事は広告の後にも続きます>

「~ランド」の付く国名

世界には「~ランド」で終わる国の名前がいくつかあります。

  • アイスランド
  • アイルランド
  • スワジランド(現在は「エスワティニ」ですが)
  • ニュージーランド
  • フィンランド
  • ポーランド

と、旧国名のスワジランドを併せても6つ。正直もっと多いかと思っていました。

「フィンランド」と「ポーランド」の共通点

そして本題。もうお分かりの方もいると思いますが一応問題提起を。みなさんは「フィンランド」と「ポーランド」の二つの名前の発音における、ある共通点は何でしょう。

その共通点は、他の「~ランド」という名の付く国名や地名の発音を比べてみると見えてきますね。

上に挙げた6つの国名を、手元にあるNHKの『日本語アクセント辞典』(少し古い98年版です)で発音を確認してみます。以下、表記方法を一部改変しています。

  • イスランド
  • イルランド
  • ワジランド
  • ニュージーランド
  • フィンランド あるいは フィンランド
  • ポーランド あるいは ポーランド

上線は、その部分が高いトーンで発音されることを表しています。

上に挙げた6つの国名のうち、フィンランドとポーランドだけ最初の音節にアクセントがくる(=高いトーンで発音される)。それ2つ目のモーラ(*1)から「ラ」までが高いトーンで発音されるということ。

ですが、これは今まで知らなかったんですが、フィンランドとポーランドも他の4ヶ国と同じように発音することも許容されるようです。僕は個人的に、今までそう発音する日本語ネイティブに会ったことはないのですが……

せっかくなので国名ではない「~ランド」も調べてみました。こちらも『アクセント辞典』から、一部表記方法を変更したものを載せています。

  • ングランド
  • リーンランド
  • コットランド
  • マリランド
  • ニューファンドランド
  • ントランド
  • ートランド
  • ップランド
  • ディズニーランド

ざっと思いついたのはこれくらい。印の項目は『アクセント辞典』に記載がなく、僕のネイティブ感覚と他の人の発音を観察したのを頼りに書いたものなので、異論があればぜひどうぞ。

この中だと「イングランド」だけがフィンランドやポーランドと同じ異端児のよう。

というわけで、「~ランド」系の国名の大多数は第2モーラからラまでを高いトーンで発音するパターンなようです。つまり先ほど言及したフィンランド人学生の「フィンランド」の発音と同じパターンですね。

なので、先ほどのフィンランド人学生がフィンランドという発音をしてしまうのかという問いに対する答えは、おそらく大多数のパターンに従ってしまったからだと思われます。いわゆるアナロジーというやつですね。

<記事は広告の後にも続きます>

なぜフィンランド、ポーランド、イングランドだけ発音が違うのか?

考えられる理由①:英語での発音

まずは上に挙げた地名のほとんどの由来であろう、英語の発音にヒントがあるのではと思い、調べてみました。

まずは少数派から。Finland、Poland、Englandは3つとも共通して、landの前にあるのは1音節のみで、アクセントもその音節にあるという特徴があります。

問題は多数派の方。

IcelandとIrelandなどのように2音節構成で最初の音節にアクセントがあるのが多いですが、Swaziland(3音節構成で最初の音節にアクセント)New Zealand(3音節で第2音節にアクセント)、Somaliland(4音節構成で第2音節にアクセント)などのパターンもあります。何か傾向があるのかと思いきやそうでもないようです。

考えられる理由②:日本語での構造

次に日本語の発音について見てみたら少しだけ分かってきました。

見るべきは「フィンランド」と「ポーランド」の「ランド」の前の部分。フィンランドもポーランドも「ランド」の前にあるのは1音節だけです。おそらくこれが条件の1つ。

そして「フィン」は「ン」とう鼻音で、「ポー」は伸ばす音で終わっています。つまり「ランド」の前には短い母音ではなく鼻音か長い母音がある必要がある。

多数派の方を見てみるとこれに当てはまる地名は1つもありません。

やったー、これで分かったぞ。と思いきやここで立ちはだかるのが「イングランド」。イングランドも上の2つと同じ発音パターンですが、上記の条件に全く当てはまりません。

そしてもう一つ引っかかるのが、日本語は音節言語ではなくモーラ言語であるということ。なので音節を主体とした考え方は正直的が外れているように感じます。

日本語にもシラビーム方言といって音節主体の方言もありますが、何分極少数である上に地域も限られているので……

 

こうなると完全にお手上げ。いい線行ってると思ったのですが、そう上手くはいかないようです。

以上、ランド系の地名について考えたことをまとめました。

*1 モーラ(mora)とはいわゆる「拍」と同じ単位で、通常は仮名1つ分の長さです。日本語の音韻論でよく使われます。対して音節は核となる母音1つに子音が1つか、あるいはいくつかついたものをいいます(子音がついていない音節もあります)。例えば「さん」とか「フィン」は2モーラですが、音節で数えると1音節。英語やフランス語などは音節言語と呼ばれ、極端な例をあげればstrengthはたくさん子音がついていても母音は1つだけなので1音節です。

 

Header Image Clker-Free-Vector-Images / Pixabay