語学と旅行がテーマの個人ブログ[レヴォントゥリア]

タグ: ドイツ・チェコ・ベルギー旅行 Page 1 of 3

ブルッヘの風景

ベルギー滞在記:がらんとした中世都市ブルッヘへ日帰り

こんにちは。めいげつです。

中世の時代に交易で栄えたフランドル地方の都市ブルッヘ(ブルージュ)。アムステルダムやアントウェルペンが台頭する前に栄華を誇った由緒ある運河の都市です。

今回は新型コロナウィルスの影響で帰国を早めたため、ブリュッセルからブルッヘは日帰りでの観光となりました。短い時間(+博物館等が開いてない)でしたが、美しい街並みをそれなりに楽しむことが出来ました。

ベルギー滞在記:観光施設が閉まったブリュッセル

こんにちは。めいげつです。

ベルギーの首都ブリュッセルに滞在しました。ちょうど新型コロナウィルスが猛威を振るい始めた時期にぶつかりました。

それまでの旅行であまりコロナの影響は直接なかったものの、今回は結構な影響を受けました。

Brauhaus Sionのケルシュ

ケルンのBrauhaus Sionで、ケルシュとカリーヴルストの最高のコンビを味わった。

こんにちは。めいげつです。

ケルシュは、ドイツ第4の都市ケルンで伝統的に作られてきた地ビール。香りがよく飲み口も爽やかなビールです。

そのケルンの市街地にあって、ケルシュを出しているお店の一つがBraushaus Sion(ブラウハウス・ジオン)。ホテルなどが多くひしめく地区にある、便利な立地のビアホールです。

【ドイツ】ケルンのFrüh am Domでケルシュと美味しいチーズをつまんできた

こんにちは。めいげつです。

ドイツ第4の都市ケルンで伝統的に作られているビールが、ケルシュ(Kölsch)というビール。ケルンを訪れたら、ビールに慣れていない人でもぜひ試してほしい地ビールです。

ケルン市街地に合って、ケルシュを出しているお店の一つがFrüh am Dom(フリュー・アム・ドーム)。大聖堂のすぐ近くにあるビアホールです。

【ドイツ】ケルン大聖堂に圧倒され、ビールを楽しみ、チョコレートを学ぶ

こんにちは。めいげつです。

ドイツ第4の都市ケルン。古くから司教都市としての歴史があり、町のランドマークたるケルン大聖堂は、世界最大のゴシック様式の教会としてあまりにも有名。

今回は、その世界遺産の大聖堂を擁するケルンでの2泊3日の滞在記です。

聖ペテロ聖パウロ教会の内部

【プラハ】ヴィシェフラトの聖ペテロ聖パウロ教会は、壮麗な壁画の教会でした

こんにちは。めいげつです。

観光客で常にごった返すプラハ旧市街。その中心地から少し外れた場所にヴィシェフラト(Vyšehrad)という丘があります。

そこにあった教会が非常に良かったので、ここに記録しておきます。

ハイデルベルク~ケルン:ライン川に沿って電車旅

こんにちは。めいげつです。

ハイデルベルクからケルンまで電車で旅しました。途中から線路がライン川に沿って走るようになり、有名なライン川のお城や町を観ることが出来たので、その記録を書き残しておきます。

【ドイツ】カルフのヘルマン・ヘッセ博物館で彼の人生を知る。

こんにちは。めいげつです。

ノーベル文学賞を受賞したドイツ出身の作家ヘルマン・ヘッセと、その故郷カルフ(Calw)。バーデン・ヴュルテンブルク州のシュヴァルツヴァルト=黒い森周辺にあるこの町は、風光明媚な田舎町でした。

この度カルフで、ヘルマン・ヘッセの生涯について学べる博物館に行ってきました。

【チェコ】「プルゼニの歴史的地下通路ツアー」に参加してきた

こんにちは。めいげつです。

チェコ西部の都市プルゼニ(Plzeň)には、チェコの中でも大規模な地下空間が存在します。

そんな地下世界を探検できる「プルゼニの歴史的地下通路ツアー(Pilsen Historical Underground Tour)」に参加しました。

バンベルクのビアホールKlosterbräuの外観

【バンベルク】Klosterbräuの静かな店内でゆったり燻製ビールを味わう。

こんにちは。めいげつです。

燻製モルトを使ったラオホビールで有名なバイエルン州・バンベルク。世界的にに有名なシュレンケルラの他にも、市内には2つの醸造所でラオホビールが作られています。

そのうちの1つが、今回行ってきたKlosterbräu(クロスターブロイ)。ユネスコの世界遺産に登録されたバンベルク旧市街の中にある醸造所兼ビアホールで、ゆったりとラオホビールを楽しんできました。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén